モータースポーツフォトグラファーの楽しみ三昧な写真人生を綴る。

EOS-1D Mark IV AIサーボAFカスタム機能&ISO感度設定ガイドブック 2010年09月03日

  1d4gb.jpg
 かなり前なので周知の方も多いと思うが...EOS-1D Mark IVが発売された時、キヤノンから冊子が送られてきた。
『EOS-1D Mark IV AIサーボAFカスタム機能&ISO感度設定ガイドブック』

 最近設置したページアクセスランキングによると、今でも『EOS-1D Mark3 AIサーボAFカスタム機能解説書』は、結構アクセスがあるようだ。
 そこで、キヤノンから送られてきたこの冊子にも触れておきたい。













スポンサーサイト



SuperGT Round1 2010年03月23日

 3月21日、鈴鹿サーキットにてGTの第1戦が開催されました。
 この日、レースフォトグラファー講座が開催され、その講師としてサーキットへ向かいました。
 今回は、自前の機材(カメラ)は使わず、EOS1DMk4とEOS7Dをキヤノンから借りてます。

 Mk4は、良くも悪くも予想通りの出来。
 本来はこのカメラがMk3になるべき機材だったと感じます。
 測距点は45点に戻り、AFも私のMk2Nに比べてスムーズに追従しますが、
 実売40万円~50万円のカメラとして当たり前という感覚ですね。
 良いカメラだとは思いますが、
 さて、これを手に入れるか...となると「?」です。
 というのも、次ので、望むカメラになるかもしれないという期待があるからです。
 (本来のMk3と私は思っていますから...)
 ただMk2Nも、そろそろ耐用年数的にギリギリのところでもあるので、
 今年シーズン終盤では手に入れざる得ない状況になるかもしれません...
 
 神戸に戻ってから、ディスプレイで画像を見ると、
 思った以上にマシンの質感がいい感じで表現されていて、
 画質に関して私好みと言えるます。
 手に入れても損じゃないけど、もう少し安くしてくれ!!w

 gt10_03_01.jpg

 gt10_03_02.jpg
 
 (クリックすると大きくなります。EOS 1D Mark4で撮影)


 一方、7D。
 これは、良い意味で期待を裏切ってくれました。
 実売12万円のカメラとしては掛け値なしで十分なAFですよ。
 既に50Dの時から、かなりいい感じではありましたが、それにいっそう磨きがかかっています。
 画質は単純に問題ないレベルだと思っていますが、
 質感表現は、Mk4の方が好みです。
 
 7DはCPが非常に高いと感じます。
 むしろ、サブカメラとして、
 また現実的な使用を想定した場合、Mk4より欲しい気持ちが強いです。

 gt10_03_05.jpg

 gt10_03_03.jpg

 gt10_03_04.jpg

 (クリックすると大きくなります。EOS 7Dで撮影)

 Webmaster
 
 

 
GrandPrixEyes
Webmaster運営のモータースポーツフォトギャラリーサイトです。
レースフォトグラファー体験講座案内もあります。
webgpe.gif
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
最近のコメント
著作権について
掲載の写真は撮影者本人に帰属します。許可なく無断で使用は不可となっています。ご利用希望者はメールにてご連絡頂きましたら使用条件を提示します。提示に対して契約が成立の上で使用を許可致します。ご理解のほど宜しくお願い致します。 webmaster@webgpe.com
ミニチュアダックス時計

by Animal Web Clock
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数: