モータースポーツフォトグラファーの楽しみ三昧な写真人生を綴る。

レース写真で比較するRAW現像ソフト その4 2009年05月03日

 追記
 DPPでの現像結果と比較できるように下の方にチャートを追加しました。
 
 チャートを見ることで、どのような色傾向になるのか、逆にイメージした色にしたいがどの色を調整すれば良いのか...ということが予測がつき、定型の現像パラメータ作成ができます。
 例えば、空の色を深い青にしたいと思えば、どのカードの色のところを調整すれば良いか...数値で把握してデータ(DPPのピクチャースタイル)に反映が可能になります。
 
---------------------------------------------------------------------------------------------------------

 レース写真で比較するカラーチャート(笑)で比較するRAW現像ソフト特性。
 4回目は24色チャートを使ってSilkypixの色彩特性を分析します。

 #やっと4回目。次のSilkypixのヴァージョンがでているけど、
 #色の骨格部の傾向は、変わっていないと...思います^^;
 #参考程度に読んでください。

 Silkypixには、カラーモードと呼ばれる色再現を決定する色彩のベースが備わっている。
 わかり易く(?)言えばキヤノンの現像ソフトDPPのピクチャースタイルのようなものである。
 標準色をはじめとし、モノクロ、記憶色、美肌色、フィルムシミュレーション等数種類が備わっている。
 最初にその中の標準色の基本の色彩特徴をみたい。

■標準色の色彩傾向

 sRGB_std.jpg


  1)赤の色合い(カード1~3)(色相)が、少しマゼンタ方向にズレている。
  2)緑色(カード10~11)が、(私の)記憶色比べてほんの少し黄色方向にズレている。
  3)青緑~青付近(カード12~18)の彩度が、飽和点(彩度100%、それ以上鮮やかにできない状態)に達している。
  4)全体的に濃度、彩度が本来のカードの色と比較して高い。


 3)の青緑付近の彩度が高過ぎることが少々問題か?
 見た目は高いように見えないが、実際はこれ以上は彩度が上がらない。
 Photoshopの色相/彩度コマンドで最高値まで彩度を上げたが、
 他の色のように彩度が上がっていないことからもわかる。(下の写真)

 sRGB_std2.jpg

 このカラーチャートは、sRGBの色域に全色が収まるにも係わらず、
 SilkyPixでは青緑の彩度がsRGBの色域をはみ出している。
 この傾向は、標準色以外のカラーモードでも同様だった。
 AdobeRGBで展開すれば彩度は色域内に収まるが、もともとsRGBで表現が可能なのだから正しい色再現という面では疑問が残る。
 そこで青緑付近を100%以下の数値になるように全体の彩度を調整したが、
 色全体が冴えない色になる。
 また特定色のコントロールができる機能(ファインカラーコントローラ)を使って青緑を下げても(微調整機能なため)十分に下がりきれない。
 色再現は、銀塩時代に各々フィルムに特徴が合ったように様々な再現があって良いと思う。
 だが、まずは基本の色合い(この場合は、sRGB内に収まるように)が再現でき、
 その上での特徴的な色合いが存在するのが良いのではないか。
 上記のことからSilkyPixの色再現を生かすためにはAdobeRGBの色域が必要で、ディスプレイにも同様の再現能力が必要となる。

 (私のフィルムの記憶色と比べ)緑色が僅かに黄色方向に回転している感じだが、これがSlikyカラーだなあ...と言われる所以か?
 ポジフィルムの傾向(特にフジフィルム)として、緑は青青とした感じ。さらに、空の色も深めの青だったと記憶に刷り込まれている(少なくとも私は)。
 これを上手く再現しているのが、フィルムシミュレート5種中の『フィルム調P(フジのプロビアをシミュレートしたものだろう)』ではないか。
 他にはフィルム調Vがあるが、これは癖があって使いずらい。
 個人的な好みから、SilkyPixでの現像はこの『フィルム調P』を使っている。

■フィルム調Pの色彩傾向

 『フィルム調P』をこのカラーチャートで見ると、
  1)全体的に彩度はやや高め。
  2)赤系の色相(色合い)は、ほぼ合っている。
  3)緑は青方向に色合いが回転しており、ポジに近い感じ。
  4)青緑付近の彩度が高い傾向は標準色と同じ。
  5)青の再現もややマゼンタ(マゼンタと言うとマゼンタに被っていると勘違いされるかもしれないので)紫方向に回転しているが、ポジに近い感じの色。

 sRGB_pkai.jpg
 
 『フィルム調P』もそのままでは使いずらいので、以下のように最適化した。
 全体の彩度を下げた。(カラーチャートの色データの彩度に近くなるように)
 次に実際の写真で観察して適度に彩度を調整した(青緑付近の彩度は100%のまま)。
 あとは各色彩をファインカラーコントローラで細かく調整した。

 上記との比較対象として『私が作った』DPPのピクチャースタイルで現像したチャートを掲載する。

 color_c.jpg

 緑の彩度がやや低いが、このチャートでこれくらいでないと緑の諧調がでない。
 青(18番目くらいのカード)は、私が作成したピクチャースタイルを使ってDPPで現像した方がやや深い。
 黄緑(9番目10番目のカード)は、『フィルム調P』より黄色に近いが『Silky標準』ほど黄色くない。私の記憶色から、やや黄色、黄緑を緑の色相方向に僅かに振っている。
 
 複雑に見える内容で面倒で投げ出したくなりますが、知識をつなぐピースを見つけると、さーーっと理解できるようになります。。。それまで苦労しますが。

 Webmaster

スポンサーサイト



レース写真で比較するRAW現像ソフト その3 2009年02月09日

 「その他気が付いたこと」として終わらせるのは次回にして...(笑)
 DPPのジャギが気になっていろいろ試した。
 本当はジャギが主目的ではなく「ピクチャースタイル」最終調整のついでなんだけど...
 そちらについても次回エントリに上げます。

 それで、そのピクチャースタイルを適用していて、いろいろDPPのスライダも動かしてみたが、シャープが4というそんなに強いわけではないけど、結構条件によってジャギの影響がでるのかもと。
 やったことは、

 1、シャープを2にする。
 2、RAWタブのシャープ0にして、細かい調整ができるRGBタブで調整。100~125くらいまでかける事ができました。
 3、輝度ノイズレベルを1に設定する。(DPPのノイズリダクションコマンド)

 どれも同じような効果があったが、今回は3を下に掲載。

 dpp3.jpg

 ジャギは結構とれている。
 ただ、先鋭度が失われて切れのあるシャープ感は若干無くなった。
 しかしプリントする時にもう一度出力サイズに合わせてアンシャープマスクをかけることになるので問題はない。(強くかければ、またジャギがでるという問題はあるが)
 この段階でのシャープの必要以上のかけすぎは、プリント出力の時にアンシャープマスクをかけることによるシャープの2度がけで画像劣化が顕著に出る。従って、アンシャープマスクが引っかかり易いように『軽いしきい』を作るようにするのがシャープの掛け方としては理想。これくらいでも十分かと...

 蛇足だが、Web掲載の場合は、リサイズ後のシャープ適用は、アンシャープマスクをかけずに、複製したレイヤーにシャープコマンドをかけて不透明度を50%程度調整するか、もしくはフェードで50%前後に調整するくらいで十分だと思う。私はそうしてます。
 
 輝度ノイズレベル調整のようなソフト的にノイズを取るコマンドは、画像にぼかしを入れることになるので、ピントが緩いキレのない絵になる可能性がある。原則、低感度ISOでは必要ないと思うのでいれないように、また画像によって使い分けるようにしている。
 高感度に使用する場合も、輝度ノイズレベルの調整は程々にして、色ノイズ緩和レベルを少しづつ適用して色ノイズを消す事に注意している。
 輝度ノイズより色ノイズの方が私には気持ち悪い。
 輝度ノイズは適度ならそんなに気にならない。むしろ輝度ノイズを無理に消して眠い感じになる方を嫌う。

 追記
 シャープ設定は2~5の間くらいで好みで選ぶのが良いと思います。
 ノイズリダクションをかけるのが嫌なら、2で。
 もう少しシャープ感が欲しいなら(ジャギはほんの少しでるが)3。
 この程度のジャギは問題ないなら4~5で。
 DPPの場合、ジャギとシャープ感は、トレードオフのようです。
 個人的には、絵を見て、3~5(ノイズリダクションなし)にするでしょう。この程度のジャギはレース写真では実用上差し障りないという判断からです。


 Webmaster

 


レース写真で比較するRAW現像ソフト その2 2009年02月03日

 では早速、画像の一部を切り取って100%サイズで比較したものを掲載します。
 今回は写真を比較し易いように、クリックして拡大するのにlightboxを使わずWindowを開くようにしました。

 まず最初に断っておきますが。。。
 見た目なるべく近くなるように調整をしたが、なかなか難しい。
 その結果、DPP=あっさり、Silky=こってり、というイメージの画像になってしまった。
 サムネイルのヘルメットブルーや黄色の中の赤いラインをみると良くわかるだろう。
 ただし、これらの印象がそのままソフトの特徴になるかというと...言い切れない。
 この同じ部位の色味がどう表現されるか、参考程度になるが、印象を比較してみよう。

 また、各画像のシャープ処理は、見た目の画質に影響がでるので強くかけ過ぎないようにした。
 Silkypixはナチュラルファインでファイル出力時のアンシャープは全くかけてない。
 DPPはシャープスライドを4で。
 CameraRawは適用量を50、半径1、ディテイル25で設定しているが、その後テストしてみると、適用量は70くらいでディテイルを10から15くらい(しきい値と異なり小さいと効き目が少なくなる)でもいけそうである。ただし、下記の傾向は変化はない。
 
 
 slk2.jpg
 Silkypix

 dpp2.jpg
 Digital Photo Professional(DPP)

 pscrs2.jpg
 CameraRaw

 各画像はクリックすると大きくなります。

■画質チェック(滑らかさ、シャープさのチェック。)

 マシンの赤文字のR と シルバーラインに注目

 ジャギが出ずに滑らかなラインを描くのは。。。
 1、Slkypix 2、CameraRaw 3DPP

 DPPはジャギ(ギザギザ)が見える。
 CameraRawも少しだけ見える。
 SilkyPixは、現像ロジックが巧みなのか、シャープの掛け方がうまいのか、滑らか。

 DPPのジャギは通常のプリントサイズではあまり感じる事はないと思う。
 逆に、ジャギやノイズなど無理矢理取り除こうとしていない分、シャープ感を出しているのではないか...と感じる事がある。ただ、キヤノンに確認していないので、明確に言える事は、ジャギだけ見るとSilkyPixに対して劣る。

 CameraRawは、ほんの少しジャギを感じるが、ほとんど問題なさそう。
 ただし...CameraRawのシャープ適用量を増やしたりすると、
 ジャギが少しずつ目立ち、ハロー効果(明暗の境目に色のにじみや明るい線のようなもの)も出てくるので強くかけられなかった。


 その下の白背景ブルー文字のSUZUKIは、3つのソフトのどれもジャギを感じる事はない。
 シャープ感が高い順は、
 1、DPP 2、CameraRaw 3、SilkyPix の順。
 但しSilkyPixは、印刷時にアンシャープを適切にかければ、全く問題ない。


 さらに目を凝らさないとわからないが、CameraRawは、Rの文字からにじんだような、
 黒の塗装に赤い斑点のようなものが見えます。
 再度、設定を変更していじりすぎないようにしたが、同様のにじみ斑点は見られた。
 かなりのマイナス要素と言える。

■ヘルメットの赤文字Roadexの文字に注目

 この文字は少し浮き上がっている。
 斜光線をうけた僅かな立体感が表現できているかという難しい処理。
 このような処理がうまいということは、細かい質感の表現(微細な凸凹)が上手に処理できるだろうということで着目した。

 処理の上手い順は、SilkyPix、DPP、CameraRaw。
 
 SilkyPixは、
 シャープマスクを強めにかけることなくシャープ感と立体感をうまく表現している。
 クリアな透明感も感じる。
 dやeの文字の微細な浮き上がりが見て取れるし、Xの文字を通るヘルメットのへこみも自然。お見事!と言いたい。
 
 次はDPP。ここでもジャギが、質感や滑らか感を奪っているように感じる。
 あきらかにSilkyPixに対して劣る。
 普通にプリントした時にはほとんど差はでないと思われるが、
 A1サイズにプリンタしたときは...どうなんだろうか?

 CameraRawは、ややにじんだ感じで、立体感も乏しく、微妙な美しさを感じ取れない。

 小さな違いでWeb掲載サイズ&解像度では問題にならない。
 しかし、自分の作品としてできるだけ完璧さを求めるならば、というこだわりの部分と言える。

 さて、次回は、その他の気が付いた点を並べてみたいと思います。

 (その3に続く)

 Webmaster

レース写真で比較するRAW現像ソフト その1 2009年01月31日

 RAW現像ソフトは、3種類持っている。
 Digital Photo Professional(キヤノン純正、以下DPP)、Silkypix、PhotoshopCS CameraRaw。
 一番使うのがDPP。一時は、他の2つも良く使っていたが、よほどの事が無い限り出番はない。
 この3つのアプリをレース写真で比較してみよう。
 本当は様々な条件で比較しなくてはならないが、時間的制約があるのでオーソドックスな写真で比較した。
 
 
 DPPで現像...クリックしたら画像が大きくなります。

 
 Photoshop CameraRawで現像...クリックしたら画像が大きくなります。

 
 Silkypixで現像...クリックしたら画像が大きくなります。

 サイズは900px × 600px程度なので詳細な比較はこの画像ではできないが、パッと見た印象はさほど違いは感じない。
 若干、色味などがちがうが、調整次第ではもっとわからない程度までには出来るだろう。
 
 DPPはピクチャースタイルが骨格となって、現像時に大きくいじることなくこんな感じに仕上がる。ハンドリングもRAWとは思えないくらい軽く、JPEGのように扱える。

 Silkypixは少しパラメータをいじることになる。しかし、ピクチャスタイルと異なるが、フィルム調や記憶色など意外と使えるピクチャースタイル的なものが、いい感じなのでこれをうまく使えば割合簡単に仕上げる事ができる。

  #そう言えば、今回、Silkypixで現像する時、以前より速度が向上したように思う。
  #この間、バージョンアップしたが、その効果だろうか?

 一番パラメータをいじったのはCameraRaw。色相が実物とかけ離れた感じでデフォルト表示される。赤い色は、マゼンタ方向に回転しており、ヨシムラの赤とは言い難い。これだけいじると劣化しないか心配だが、このサイズならほとんど感じない。

 パッと見て如何だろうか?これくらいのサイズの場合はどれを使おうが差は感じないだろう。
 レース写真は、写真の微妙な部分よりダイナミックな躍動感を感じてもらうように伝える事が多いので、細かい部分はあまり問題にしない。
 しかし、今回、この写真の部位を100%拡大して現像ソフトの比較を敢えてやって見ようと思う。

 (その2に続く)

 Webmaster

 
GrandPrixEyes
Webmaster運営のモータースポーツフォトギャラリーサイトです。
レースフォトグラファー体験講座案内もあります。
webgpe.gif
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
最近のコメント
著作権について
掲載の写真は撮影者本人に帰属します。許可なく無断で使用は不可となっています。ご利用希望者はメールにてご連絡頂きましたら使用条件を提示します。提示に対して契約が成立の上で使用を許可致します。ご理解のほど宜しくお願い致します。 webmaster@webgpe.com
ミニチュアダックス時計

by Animal Web Clock
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数: