モータースポーツフォトグラファーの楽しみ三昧な写真人生を綴る。

スポンサーサイト --年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

j's Hobby3 2010年10月30日

 IMG_1976.jpg

 渓流用のタモが完成!

 気になると集中して事にあたるのが、ジョッパの性格だと自覚している。
 このタモも、木を柔らかくしている間こそ、何も出来ない日が数ヶ月続いたが、その後は暇さえあればタモ作りに熱中していた。

スポンサーサイト

j's Hobby2 2010年10月24日

 IMG_1961-2.jpg

 酷暑だった夏が過ぎ、10月ともなると渓流釣りはシーズンを終えます。
 遅くまで釣りが可能な鮎つりも、ここに来て終わりの様相を感じています。

j's Hobby 2010年08月13日

DSCN0958-2.jpg

 このところゲリラ豪雨という、ある地域に短時間集中して豪雨になる事が多い。
 私のホームグラウンドの栃木県大田原市を流れる那珂川も、上流域でこの集中豪雨にあい幾度となくつりが出来ないことがあった。
 8月の初旬に予定していた釣行も、前日の早朝に降った雨で水位が約1メートル増水したとの連絡でキャンセル。


おどり串 2009年06月17日

 ayu_shioyaki.jpg
 
 魚を焼く際に打つ串を、おどり串と言います。
 通常氷で魚を絞めてから串を打つので、エラは魚体についています。
 そこで魚がいかにも泳いでいるようにエラを開いて見せる為に、化粧塩という方法を使います。

 これは塩をエラに塗り、エラを形よく開かせます。
 ところが生きている魚(写真は鮎)におどり串を打つと、エラは塩を塗らなくてもピーンときれいに開きます。

 エラに塩を塗らない分、焼き上がった魚のエラは塩が固まって白くなる事もありません。
 また使う塩が少ないので食べても塩辛いことはないです。

 写真からも魚についている塩が少ないのがわかると思います。

 joppa

 

鮎解禁 2009年06月13日

先日つり仲間と北関東の川に鮎つりに出かけた。
このところの梅雨とは思えない好天候で、水位が下がり思うような釣果が得られんかった。
それでも仲間と釣り立てを食する程度の数は確保できたので、今年の初物をおいしくいただいた。

blog.jpg

joppa

釣りキチ三平 2009年03月21日

 小学生のころ、近所の川に祖父と釣りによく行った。
 ハエ(オイカワ)の毛針釣りだった。
  #大分では、オイカワのことをハエと呼んでます。
 釣ったハエは、祖母が料理してくれた。
 僕にとって、釣りは大好きな祖父母との大切な想い出。

 同じ時期、釣りキチ三平の連載が、少年マガジンではじまった。
 夢中になって読んだ。
 夜泣き谷の怪物、毛針山人、そして、O池の滝太郎。。。毎週が楽しみでわくわくしていた。その後もリアルタイムで読み続けた。
 最終回の一平じんさんが亡くなった話(コミックを持っている)は、祖父の死と重なって涙が出てきた。

 平成版の三平君の話が始まり、コンビニで手に取り、読み出したら止まらないので、つい買ってしまった。
 三平君はいつまでも変わらず、子供のままだし、その周囲も変わらず(だから一平じいさんの死は衝撃的だったのだ)。普通に考えれば、突っ込みどころが多くて苦笑いしてしまうところだが、逆にこれが釣りキチ三平の魅力じゃなかろうか...と思ってしまう。

 昨日(3/20)、ついに実写版の釣りキチ三平が封切りされた。
 主人公の須賀健太君はぴったり嵌っている(と思いません?)。
 姉がいるとか設定が少し違うし、魚伸さんの塚本高史が少し若いかな...とも思うが、見た感じはまあまあいけてるかな?
 ストーリーは少し違うんだけど、それでも原作と違いすぎると批判されることはないのではと思う。普通のマンガと違って、釣りキチ三平の『精神』がきちんと表現されていれば、三平君と違和感無く重ね合わせることが出来そうな気がする。
 さて世間の三平君ファンの評判は如何なものだろうか?(心配...)
 悪くないことを切に願う。。。
 上映中に足を運べるかわからないけど、DVDは買いたいと考えています。

 釣りキチ三平

 sanpei.jpg

 Webmaster


今期の初ヤマメ 2009年03月06日

 3月1日に解禁になった今年の渓流釣り。解禁の翌日の2日に東京の西部にある桧原村近くを流れる渓流に出かけた。気温がまだ低いため当然の事ながら水温もかなり下がっている。
 ある淵をのぞくと、底のあたりに数匹のヤマメが泳いでいるが、動きが遅く活性もかなり低いようだ。これではフライでは太刀打ちできないと、川虫を石の下から探し出しそれをエサにした。岩陰に隠れるようにして数回流れにそってエサの川虫を流たところ、昨年秋口に稚魚放流したと思われるきれいなヤマメがエサを口にしてくれた。解禁にあわせて放流した魚とは明らかに魚体が異なりスリムで尾もピンとしている。あまりにきれいなヤマメだったので、水面に顔を出したところでシャッターを押してみた。魚が動いているのは、水面の波紋でよくわかる。この日の最大のヤマメは26センチと初釣りとしては満足した。ところがこれまで一度も感じた事がなかったのだが日が高くなるに連れ、やたらとクシャミが出てくる。同行の仲間が言うには、花粉症の症状だと言う。そういわれあたりを見渡すと360度杉の森にその川は囲まれていた。この年になって花粉症デビューをするとは思わなかった。ちなみに鼻血のように、ティシューを花に詰めるとクシャミが出ないのでこれはやはりそうだろう。
 当然ながら、帰宅してから早速マスクを買い求めた。それも超立体というタイプを。

 yamame1.jpg


Joppa
  

1cmを求めて! 2008年08月06日

#この記事は、春先にjoppa先生が、釣りに行ったときの記事です。

Joppaです。

友人と山形に今シーズン最初のフライフィッシングにいきまいた。
雪代も消え、透明度の高いきれいな渓流です。

水温9度とコンデションは良かったのですが、何せ大型連休の後ということで多少場荒れしていたのでしょうか。
「以前のようには魚に会えない」同行の彼はポツリと口にした。

これまで遊びの釣りには、カメラを持参しなかったのですが今回はG2をもって行きました。
このイワナは、今回の最大サイズで29センチでした。
いわゆる尺モノにあと1センチ足りません。
この足りない1センチを求めて再度出かけたくなるのが釣り好きの心境だ。

あと一月もすると鮎釣りのシーズンになる。
鮎が始まると、私には他の釣りは眼中になくなるので5,6が中に1センチを求めてリベンジに行くつもりだ。




久しぶりのアオリイカ 2008年07月20日

Joppaです。

5月のことになるが、久しぶりにアオリイカを釣りに行った。
場所は千葉県鋸南郡の岩井海岸。
この日の相棒は、JRPA副会長の瀬谷正弘君といつも雑誌で仕事をともにしているモリヒサシ君。

あいにくの小雨交じりの中、三人は高崎漁港から20馬力の船外機を付けたレンタルボートでポイントに向かった。港から5分ほどの場所だ。

この日は、エギでのアオリイカと生きイワシをエサにしてヒラメをねらうので、舟の生簀には12,3センチほどのカタクチイワシが泳いでいる。
エギのキャスティングを繰り返すが、一向にアタリがない。周りを見ると同じようにアオリイカをねらっている舟が数杯いるが、どの舟もいまだロッドが曲がっていない。

朝6時に出船してからかれこれ2時間が過ぎている。この日の下げの潮止まりは8時45分頃だ。
午前中はダメかとあきらめかけた頃写真のサイズ、約400グラムの大きさを釣り上げた。



注)すみません。以下続きの記事があったのですが、blogのテスト記事を整理する時削除してしまいました。。。(汗)

GrandPrixEyes
Webmaster運営のモータースポーツフォトギャラリーサイトです。
レースフォトグラファー体験講座案内もあります。
webgpe.gif
プロフィール

Author:Joppa and Webgpe.comWebmaster
--------------------------
Joppaこと鈴木雅雄は、日本レース写真家協会 前会長(第4代会長として18年間JRPAの会長職を担う)。しかしながらその実態は...釣り好きで面倒見の良い『焼酎好きなおっさん』。


そしてブログを管理しているWebgpe.comのWebmasterこと原田祐司は、Joppa師匠の弟子。
ロードレースプレスカメラマンでMac好きな『おにいさん(°°)☆\(--メ)バキッ!
...もとい、おっさん』です。

2人とも鈴鹿サーキットレースフォトグラファー体験講座講師でもあります。

里親募集
楽天トラベル
楽天市場
ページアクセスランキング
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
タグ

全日本ロードレース 鈴鹿サーキットレースフォトグラファー体験講座 8時間耐久ロードレース SGT ポッカGTサマースペシャル スローシャッター dog パノラマ 野田弘樹  年賀状 JRPA写真展 フォーミュラニッポン 伊藤真一 鈴鹿300kmロードレース 夕日 鈴鹿2&4レース Express ミニチュアダックス 女性ポートレイト キャンギャル オートポリス 秋吉耕佑 2011MFJ-GP スーパーフォーミュラ 月(moon) シルクロード ラグビー 加藤大治郎 エアーズロック 逆光 ケニー・ロバーツ モノクロ 白とび 玉田誠 神戸製鋼 中山翔太 鈴鹿サーキット 阿部典史 8耐テスト ピクチャースタイル 斜光線 セロー  露出 増田耕二 トレーニング C3fit E-PL2 イーハトーブトライアル大会 富沢祥也 EOS-1DMark4 CW-X 散歩 シューズ  浸透圧 c3fit EOS-1DMark3 LedZeppelin 原田哲也 マン島TT 25周年 TheColorsArePSed,OrNot? 多摩テック 別府湾 StairwayToHeaven 島田紳助 カワサキ ロッシ エディー・ルジャーン スポーツドリンク 和牛肉巻きおにぎり フォーカシングスクリーン 柳川明 本家和牛肉巻亭 安田毅史 工藤靖幸 テック21 平忠彦 LifeWithPhotographsタイトルリニューアル ポップ吉村  青木(宣) 自作魚焼き器 MagicTrackpad Apple グレアムクロスビー ウェスクーリー 津田一磨 色温度 スローシンクロ 子供 ジョナサンレイ オグリキャップ 有馬記念 マジックアワー マルチレンズフード 岡山ロードレース選手権 新年会 WiMAX ホイール   日中シンクロ BikeTrekking 目から鱗技 Mac F1GP アイルトン・セナ 城達也 J-GP3 タモ ブリーズライト トライアル JMM 森脇尚護 小西良輝 ピクセルマッピング EP-L2 女性ポートレート 金環日食 F1 ドット抜け E-PL2 祭り ウェブサイト作成 アートフィルター t1235  さんふらわ フレディー・スペンサー 亀谷長純 アンドリューミラー サウンドマン 岡山国際サーキット パドック 伊川 U3-X ワイン・ガードナー プロクセスT1R 206RC ライブ SOUNDMAN EV-neoプロトタイプ radiko.jp トランセンド400倍速CFカード16GB(TS16GCF400) FireWire800カードリーダー 大金佑輝 MFJ-GP 井筒仁康 新配色カード175b 任意保険 家族限定特約 レプソルホンダ ご近所の犬 ヤマメ 釣り 撮像素子掃除 斉藤祐也 太陽 散歩写真 ラジコン ブラックベリー セナ&MP4/6 

ブログ内検索
リンク
最近のコメント
著作権について
掲載の写真は撮影者本人に帰属します。許可なく無断で使用は不可となっています。ご利用希望者はメールにてご連絡頂きましたら使用条件を提示します。提示に対して契約が成立の上で使用を許可致します。ご理解のほど宜しくお願い致します。 webmaster@webgpe.com
RSSフィード
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。