モータースポーツフォトグラファーの楽しみ三昧な写真人生を綴る。

スポンサーサイト --年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年Suzuka全日本ロードレースの写真掲載 2008年09月27日

 鈴鹿で行われた今年最後の全日本格式のレース『鈴鹿全日本ロードレース』の写真を『GrandPrixEyes』に掲載しました。見て頂ける方は、下のリンクからご覧ください。

 今までの掲載方法は、サイズが横幅800px程度が限界で且つ、何となくクオリティが低いように感じていました。そこで、1000pxくらいで奇麗に見せる方法として、lightboxを使いました。がっ!、見にくい!縦位置の写真がディスプレイに収まらない。今回は、このまま行きますが、次回はもう少し小さくして掲載します。。。すんません。

 ■フォトギャラリー(真ん中のサムネイル写真をクリックしてください。)

 
 
 全てのレースが終わった後、美しい夕焼けが目に入ってきました。今の姿の鈴鹿サーキットで見る夕焼けは、これが最後。少し感傷的になって、シャッターを押し続けました。


35.jpg
(クリックしたら画像が大きく「なりすぎ」ます 笑)


スポンサーサイト

今年もイーハトーブに行きました 2008年09月21日

IMG_7212.jpg



IMG_7352.jpg

 今年で32回になる岩手県で開催された出光イーハトーブトライアルにいってきました。
このイベントはツーリングトライアルと呼ばれるもので、バイクを使い自然の中を走りながら途中数あるセクションをいかに足をつかないで通過できるかというスコットランドで生まれた競技です。岩手といっても北緯40度沿いに内陸部の田代平から太平洋の譜代村を目指し往復約380キロ、50のセクションを二日で走ります。
今年は4つのクラスに600名弱の方が参加しました。
このイベントは通常のバイク競技とは異なり速さを競うのではなく、
足付き1回を減点1,2回を減点2,3回は3点4回は4点と加算していきますが、エンジンストップや転倒は減点5となります。成績は減点の少ないライダーが上位になるという競技です。
 バイクを使うので自然環境の保護や地元の方との交流も積極的に行い、私有地や国有地を通過する際には、事前に必ず許可をいただくのはもちろんのこと道路を走る際にも気をつけています。おかげでこれまで交通事故はゼロです。   
 このイベントには第一回大会からオフィシャルカメラマンとして、トライアルバイクでカメラを背負い参加者と同じコースを走りながら記録しています。
ちなみにこれまでの歴史写真は、出光イーハトーブトライアルのオフィシャルHPで見る事ができますのでご覧ください。
 このイーハトーブトライアルと時を同じにして32年前に始まったバイクのごっこイベントがジャーナリスト・モーターサイクル・ミーティング(JMM)です。
私はこの両方のイベントに、年齢の半分を超えた年月でつきあっています。
酒よりは短いですが、ともあれこれ以上永くつきあってきたものはない。
今全開の釣りでさえ30年には届いていないので、バイクとは一番永くつきあっています。
 今年の岩手は、雨が多くそれもゲリラ豪雨を何度か経験しました。そのおかげで念には念をいれていたのですが、途中20Dのシャッターが落ちなくなってしまうアクシデントに見舞われ一瞬青ざめてしまった。

                             joppa


佐久の鯉 2008年09月21日


(クリックしたら大きくなります)

 長野県の佐久市。千曲川が流れる山間の静かな街というには大きなエリアで、その昔から佐久の鯉が有名なところ。
先日ロケで訪れ久しぶりに「鯉こく」を食べた。佐久は鯉の養殖の歴史は古く、江戸時代にさかのぼるという。冬の積雪による豊かな水がおいしい鯉を作ってきたそうだが、最近の食文化の変化でその数は激減してしまったという。
 その現状を憂い、歴史ある佐久の鯉料理を残そうと声を上げたのはなんと地元の小学生。
その声を行政が聞き入れ、地元の老人たちが「鯉人クラブ(こいびと)」を結成した。
鯉人クラブの活動は、休耕田を借りて水を張り鯉の養殖を始めた。鯉は3年で出荷するそうだが、その鯉は地元の料亭やクラブ員のお店でも味わう事が出来る。
 昔から佐久は酒といわれるほど酒倉が多く、鯉料理には日本酒が似合うともいわれたが、その日は撮影が残っていたので遠慮したが、冬がうまい時期というので、この組み合わせで佐久の冬を味わいたいと思っている。

ところで地元では鯉を輪切りにして味噌味で煮付けた「鯉こく」には内蔵も入れたまま煮てあるが、一番うまいという内蔵たっぷりのおなか周りは家長が食べ、年齢に従い内蔵が少なくなるという。子供心に早く大きくなり、内蔵のたっぷり入ったところを食べたいと思ったそうだ。
 鯉料理には先の鯉こくのほか、鯉のあらい、てんぷらなどがある。

                                  joppa

ヴェッテル、最年少ポールポジション!そして優勝!! 2008年09月14日

08CB4407.jpg
(クリックしたら大きくなります)
 直接関連する写真はないので、昔、撮影したマクラーレン+ライコネンの写真を掲載します。(間接的に関係する?ということで強引に選びました。。。だったらBMWだよなW。トロロッソじゃひねりなさすぎだし)


 雨のイタリアGP。ポールポジションは、『未来』のチャンピオンとシューマッハに言わせしめたヴェッテルが奪った。
 (追記)
 そして、見事に優勝した。2位はコバライネン、3位クビサ。
 古い顔はここにはない。いずれトップ争いをするかもしれないメンツ。
 そして皮肉にも、ハミルトンがいないことに神の手をまさに感じた。
 ついでに言うなら、下位常連(最近はHONDAと入れ替わった(涙))のレッドブルのセカンドで且つプライベートチームの実質1年落ちのマシンで勝てたことが素晴らしい。

 ここで、F1の結果なんて詳しく書くつもりはさらさらありません。ただヴェッテルのポール&勝利で頭をよぎったことが2点ほどあったので、それをちょっと書いてみます。
 あくまでも、Webmaster的見解です。

 1)今回のイタリアGPでもっとも後悔した人...BMWのマリオ・タイセン(とBMWの首脳陣)。
   自分の眼力のなさを嘆いていることだろう。

   (追記)
   BMWには、2年契約でレッドブルからレンタルで乗っていた。
   契約終了で戻ったのだが、彼の才能を考えればどのような手を使ってもBMWは引き止めるべきだった?

 2)因果応報。報いは巡るのか?   
   憶えているだろうか?昨年の富士のF1で起こったことを。
   3位を走っていたヴェッテルがクラッシュして、確かペナルティを食らった(よね?)。
   しかし、その原因は。。。ハミルトンの信じられないようなドライビング。
   観客席から撮影していたビデオが、
   ハミルトンの突発的な急減速でヴェッテルがウェバーに突っ込んで
   クラッシュした場面を写していた。(youtubeにアップされた)
   レースが終わらないと因果応報となるのかわからないが、今の時点でハミルトンは15位、ヴェッテルはポール。。。
   神の見えざる手が働いたと思うのは私だけ?

 本物の金となるかヴェッテル。今は掘り出されて、磨きをかけだした状態。輝きを放てばF1ももう少し面白くなる。
 決勝も雨だと一波乱あるだろう。

 あと、ヴェッテルも良いが、ブルデー(ボーデ)も『いぶし銀』のような感じで好みだな。。。

 By Webmaster


 

秋の気配 2008年09月05日

 (雨にはうんざりだが)暑さもややおさまり、秋の気配がほんの少し。。。
 この時期になると、数年前に見た「うろこ」のことを思い出す。

 urokogumo.jpg
(クリックすると写真がおおきくなります。)

夕景色、瀬戸内に沈む夕日 2008年09月04日



以前、掲載したことがありますが、美しかったので...再掲。(8/18)
EOS Kiss DX EF17-40mmF4

横1024pxで作成した画像がありましたので、それに差し替えしました。
雲のディテール等、これくらい大きくすると違いますね。(9/4)

By Webmaster

新スタイリング感覚、DN-01登場 2008年09月04日

IMG_3421.jpg

旧聞ではあるが、ホンダから新しいバイクDN-01が発売された。
排気量680cc、オートマチックミッション。
この駆動方式は、スクーターのVベルトとプーリー方式とは異なり、四輪車のようなダイレクト感がある。アクセルを開けるとリニアに加速してくれる。

スタイルもこれまでのバイクとは多少趣きを異にしている。
バイクというこれまでの概念を払い、新しい乗り物という位置づけにしたいという。

それだけに二輪ライダーからの乗り換えだけでなく、これまでバイクに乗ったことにない人にも提案したいという。

by Joppa

 この記事は、DN-01が発売された当時のものです。
 そのため、タイミングとしては遅い記事となります。
 blogスタート前にテストでjoppa先生の掲載されたものを再度ここに掲載します。
 いずれjoppa先生もここに定期的に掲載していきますが、多忙且つ掲載になれていないのでしばらくお待ちください。
 尚、コメントについては、スパムが多くなりつつあるので、承認方式をとらせて頂きます。よろしくお願いします。

by Webmaster

アンドリュー・ミラー 2008年09月03日

08CB1531.jpg
(クリックすると大きくなります。)

 アンドリュー・ミラー選手は、国内最高のSO(スタンドオフ ゼッケンNo.10)だったと私は思っている。もちろん現神戸製鋼平尾監督のSOとしてのplayも素晴らしかった。ラグビーも時代とともに戦略やスピード等の進化で求められるものが異なり、単純に比較できないので、どちらがというのは実際には難しい。ただ、私にとって鮮烈な記憶として残っているのは間違いなくミラー選手で個人的なランクとしてNo.1だと言わせてもらうことにする。(と、書きながらも平尾監督のステップを思い出すと、ううん。。。と迷うのも確か)

 そのミラーが、怪我から復帰でフルバックのポジション(No.15をつけている)についたときのもの。おかげで、間近で撮影することができた珍しいショットと言える。

 次は、ミラーがタックルされた時の写真。
 本当は、華麗なパス回しの瞬間とか出したいけど、意外と見た目地味な印象になる。
 と言うわけで、派手なタックル(された)シーンを。

 今回は、あれこれ書きませんが、撮影時の心境などをこの2枚から想像してください。
 偶然か、はたまた違うのか?想像にお任せします。

08CB0117.jpg
(クリックすると大きくなります。)
08CB0118b.jpg
(クリックすると大きくなります。)


調子に乗って、更にミラー選手の写真を。。。大西選手(当時ワールド、現ヤマハ、日本代表)がいっしょに写っていますね。

08CB1617.jpg
(クリックすると大きくなります。)
08CB1652.jpg
(クリックすると大きくなります。)

by Webmaster


既成概念を崩せ!! 2008年09月02日

08CB0087.jpg


追加でもう1枚...
08CB0101.jpg
(各写真、クリックすると大きくなります。)

 私のラグビーの写真を見たある著名な写真家の方から「悪くはないけど、もっと大胆に、さーーーっと流れるような写真を撮影してはどうだろうか?既成の写真に捉われること無く。」と、指摘されたことがある。



 

GrandPrixEyes
Webmaster運営のモータースポーツフォトギャラリーサイトです。
レースフォトグラファー体験講座案内もあります。
webgpe.gif
プロフィール

Joppa and Webgpe.comWebmaster

Author:Joppa and Webgpe.comWebmaster
--------------------------
Joppaこと鈴木雅雄は、日本レース写真家協会 前会長(第4代会長として18年間JRPAの会長職を担う)。しかしながらその実態は...釣り好きで面倒見の良い『焼酎好きなおっさん』。


そしてブログを管理しているWebgpe.comのWebmasterこと原田祐司は、Joppa師匠の弟子。
ロードレースプレスカメラマンでMac好きな『おにいさん(°°)☆\(--メ)バキッ!
...もとい、おっさん』です。

2人とも鈴鹿サーキットレースフォトグラファー体験講座講師でもあります。

里親募集
楽天トラベル
楽天市場
ページアクセスランキング
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
タグ

全日本ロードレース 鈴鹿サーキットレースフォトグラファー体験講座 8時間耐久ロードレース SGT ポッカGTサマースペシャル スローシャッター dog パノラマ 野田弘樹  年賀状 JRPA写真展 フォーミュラニッポン 伊藤真一 鈴鹿300kmロードレース 夕日 鈴鹿2&4レース Express ミニチュアダックス 女性ポートレイト キャンギャル オートポリス 秋吉耕佑 2011MFJ-GP スーパーフォーミュラ 月(moon) シルクロード ラグビー 加藤大治郎 エアーズロック 逆光 ケニー・ロバーツ モノクロ 白とび 玉田誠 神戸製鋼 中山翔太 鈴鹿サーキット 阿部典史 8耐テスト ピクチャースタイル 斜光線 セロー  露出 増田耕二 トレーニング C3fit E-PL2 イーハトーブトライアル大会 富沢祥也 EOS-1DMark4 CW-X 散歩 シューズ  浸透圧 c3fit EOS-1DMark3 LedZeppelin 原田哲也 マン島TT 25周年 TheColorsArePSed,OrNot? 多摩テック 別府湾 StairwayToHeaven 島田紳助 カワサキ ロッシ エディー・ルジャーン スポーツドリンク 和牛肉巻きおにぎり フォーカシングスクリーン 柳川明 本家和牛肉巻亭 安田毅史 工藤靖幸 テック21 平忠彦 LifeWithPhotographsタイトルリニューアル ポップ吉村  青木(宣) 自作魚焼き器 MagicTrackpad Apple グレアムクロスビー ウェスクーリー 津田一磨 色温度 スローシンクロ 子供 ジョナサンレイ オグリキャップ 有馬記念 マジックアワー マルチレンズフード 岡山ロードレース選手権 新年会 WiMAX ホイール   日中シンクロ BikeTrekking 目から鱗技 Mac F1GP アイルトン・セナ 城達也 J-GP3 タモ ブリーズライト トライアル JMM 森脇尚護 小西良輝 ピクセルマッピング EP-L2 女性ポートレート 金環日食 F1 ドット抜け E-PL2 祭り ウェブサイト作成 アートフィルター t1235  さんふらわ フレディー・スペンサー 亀谷長純 アンドリューミラー サウンドマン 岡山国際サーキット パドック 伊川 U3-X ワイン・ガードナー プロクセスT1R 206RC ライブ SOUNDMAN EV-neoプロトタイプ radiko.jp トランセンド400倍速CFカード16GB(TS16GCF400) FireWire800カードリーダー 大金佑輝 MFJ-GP 井筒仁康 新配色カード175b 任意保険 家族限定特約 レプソルホンダ ご近所の犬 ヤマメ 釣り 撮像素子掃除 斉藤祐也 太陽 散歩写真 ラジコン ブラックベリー セナ&MP4/6 

ブログ内検索
リンク
最近のコメント
著作権について
掲載の写真は撮影者本人に帰属します。許可なく無断で使用は不可となっています。ご利用希望者はメールにてご連絡頂きましたら使用条件を提示します。提示に対して契約が成立の上で使用を許可致します。ご理解のほど宜しくお願い致します。 webmaster@webgpe.com
RSSフィード
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。