モータースポーツフォトグラファーの楽しみ三昧な写真人生を綴る。

スポンサーサイト --年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F1はどこに行く。 2009年03月29日

 モータースポーツは今、真冬まっただ中。
 未来はあるのだろうか? 

 F1が開幕を迎えた。
 予選は、オフのテストから好調のBrawnGPが、前列を独占した。
 2年間どん底の屈辱。
 ドライバーを含めたチーム関係者はやっと報われたと思ったことだろう。

 だが、
 F1ってなんなのよ?
 モータースポーツってドライバーじゃなくてマシンの優劣だけで決まるわけ?
 それじゃスポーツじゃないじゃん?
 誰だよモーター『スポーツ』なんて言い出したのは!
 
 そんな言葉が聞こえて来そうだが、「別にスポーツのカテゴリに入れてもらう必要はない、人の限界を超えた時間と空間でのギリギリの戦闘だからね」と私は言うだろう。
 そう言えど今回の結果には別の面から少し釈然?としないのも事実である。

 なんだろ?

 今までトップだった赤馬と銀矢の落ち込み、新チームの台頭。。。劇的に見えるこの結果に人生こんなことはある、時間をかけて積み上げてきたものが光を浴びる時が来た!で良いのか?
 遅れをとったチームが、この時期に水をさすような抗議をなぜするのか?
 一時は腹立たしさを覚えたのだが、それもなんとなく理解できるような...
 そのような記事だった。
 今の社会の縮図を見るようで、なかなか考えさせられる。
 
 コラム: 混沌とする2009年のF1

 
 Webmaster


スポンサーサイト

神戸製鋼ラグビー 2009年03月25日

 斉藤祐也選手と水泳金メダリストの岩崎恭子さんが結婚するとのこと。
 めでたい!お幸せに。
 それにしても、斉藤選手、2007年にラグビーに復帰したそうで、彼のファンを自負する自分がそのことを知らないなんて、恥ずかしいことです。すみません。
 と、書いた後に、家人からの指摘で、「それを忘れているだけで、斉藤選手が豊田自動織機ラグビー部に復帰したことを知って喜んでいたやん!」と。
 ああ、老化現象でしょうか...そう言えば、そういうこと言ったなあ。。。と今更ながら思い出しました。しばらくラグビーの撮影から遠ざかっているからかな。。。 
 これからもラグビーでの活躍を心から祈っています。
 
 以下は、以前掲載済のエントリです。

kobe_t.jpg
(クリックすると大きくなります。)

 9月5日、2008年度トップリーグ開幕。

 ラグビーシーズンが始まる。
 この初戦に、昨年の覇者『三洋電機』と2位『サントリー』のド本命(?)が対戦する。盛り上がるのか盛り上がらないのか、わからないような組み合わせである。この戦いは気にならないが(うそ、少し気になる)、地元『神戸製鋼コベルコスティーラズ』の方が楽しみである。昨年のW杯の直前にアキレス腱を断裂した大畑選手も復帰ということでわくわくしている。対戦相手はNEC。ここも強いからね。。。
 だけど、残念なのことに、この日は鈴鹿で全日本ロードレースが開催されるから、TV観戦もできない。勝つことを信じて鈴鹿に向かうことにする。

 最初の写真は、2003年度 ー2004年3月ー の最終戦NECとの対戦。名手ミラー選手(SO)が神戸を退団(まあ実質、引退...と言っていいのかな?)した試合である。(写っているのはミラー選手ではないが)
 何枚かミラー選手の写真も後日掲載したい。

saito_kobest.jpg
(クリックすると大きくなります。)

 2枚目(上)の写真は、好きだった斉藤祐也選手の写真。
 彼の突進力は憎たらしいくらい威力があった。
 明治大学、サントリーの時、相手選手を粉砕して行く。。。という感じだった。フランスに渡った後、神戸にくるということで喜んだのだが、さて、神戸のラグビーになじむだろうか?という一抹の不安にかられた。随所でサントリー時代の突破力を感じる場面はあったが、なんとなく歯車が噛み合なず、だんだんあの強引と思えるような突破も影をひそめだした。その後、粉砕骨折などの怪我で、なかなか活躍できないなど不運が重なり、2006年に引退。
 まじで、悲しかった。。。
 
 というわけで、続けてか、それとも他の記事の合間にラグビーの写真を掲載したいと思います。

 追記
 この写真は、EOS 1D(CCD機)で撮影したのだが、CMOSのMk2Nに比べると何とも言えない、カリッとした感じでリサイズした画像もシャープをほとんどかける必要がない。無理矢理シャープにした感じがなくて、とてもいい感じで、嵌った時は素晴らしい。この感じ、現行機種では無理なんだろうなあ。。。引き換えに電池食いだし、ノイズ特性も横線ノイズがでるという欠点もあるけどね。

 By Webmaster


釣りキチ三平 2009年03月21日

 小学生のころ、近所の川に祖父と釣りによく行った。
 ハエ(オイカワ)の毛針釣りだった。
  #大分では、オイカワのことをハエと呼んでます。
 釣ったハエは、祖母が料理してくれた。
 僕にとって、釣りは大好きな祖父母との大切な想い出。

 同じ時期、釣りキチ三平の連載が、少年マガジンではじまった。
 夢中になって読んだ。
 夜泣き谷の怪物、毛針山人、そして、O池の滝太郎。。。毎週が楽しみでわくわくしていた。その後もリアルタイムで読み続けた。
 最終回の一平じんさんが亡くなった話(コミックを持っている)は、祖父の死と重なって涙が出てきた。

 平成版の三平君の話が始まり、コンビニで手に取り、読み出したら止まらないので、つい買ってしまった。
 三平君はいつまでも変わらず、子供のままだし、その周囲も変わらず(だから一平じいさんの死は衝撃的だったのだ)。普通に考えれば、突っ込みどころが多くて苦笑いしてしまうところだが、逆にこれが釣りキチ三平の魅力じゃなかろうか...と思ってしまう。

 昨日(3/20)、ついに実写版の釣りキチ三平が封切りされた。
 主人公の須賀健太君はぴったり嵌っている(と思いません?)。
 姉がいるとか設定が少し違うし、魚伸さんの塚本高史が少し若いかな...とも思うが、見た感じはまあまあいけてるかな?
 ストーリーは少し違うんだけど、それでも原作と違いすぎると批判されることはないのではと思う。普通のマンガと違って、釣りキチ三平の『精神』がきちんと表現されていれば、三平君と違和感無く重ね合わせることが出来そうな気がする。
 さて世間の三平君ファンの評判は如何なものだろうか?(心配...)
 悪くないことを切に願う。。。
 上映中に足を運べるかわからないけど、DVDは買いたいと考えています。

 釣りキチ三平

 sanpei.jpg

 Webmaster


撮像素子(CMOS、CCD)の掃除 2009年03月19日

 既にご存知の方も多いとは思いますが、『キヤノン、撮像素子(CMOS、CCD)の掃除を有料化』だそうです。人件費を考えればいつかは、と思っていました。

 CPSはどうなんでしょうか?なんにも通知はきていないようなので無料のまま?
 私は修理ついでにお願いしますが、掃除だけであれば自分でやっています。
 いちいちCPSの窓口に持っていくのは手間だし(交通費で有料と同じだし)、現場でゴミを見つけたら自分で掃除できないとどうしようもないです。

 で、なにを使っているか...いろいろ試しましたが、次の2つです。
 

 ■ PENTAX イメージセンサークリーニングキットO-ICK1
 (リンクはAmazonのアフィリエイトリンクになっています。アフィリエイトを好まない方は、ASINコードからGoogleで検索して下さい。 ASIN B000KQGM6A)

 キヤノンにも同じようなものがありますが、入手し易い、先端が小さく使い易そうなことから、こちらにしています。

 ■ HCLクリーナー、キット、ペーパー ← これはアフィリエイトリンクではありません。

 ペーパーは厚手ですが良く出来ています(ナノワイパーH130)。このペーパーを割り箸などに巻き、クリーナー液を先端に少し付けて汚れを拭き取ります。シルボン紙より目が細かく傷がつきにくい感じです。


 掃除の画像は、また次の機会に掲載します。
 以下、簡単に手順を記載しておきます。
 やる場合は、自己責任で。なにかあっても私は保証致しませんので。


 dougu1.jpg
 これが現場に持っていく道具一式です。(左の奥のペーパーは、必要量だけ持っていく)
 上のキヤノンポーチに入れます。
 これらに加えて後は、ガムテープがあれば完璧。。。か?

 Webmaster

 

太陽の沈む道、昇る道 2009年03月16日

 自宅の前の道は、ほぼ正確に真東と真西方向に伸びている。
 お彼岸の時期になるとこの道の延長線上に太陽が沈む。
 いつか写真を撮ろうと思っていたが、なかなかタイミングが合わず、機会を逸していた。
 教祖の今日その機会に恵まれたわけだ。(凄い変換...だな。(笑))
 それで、ちょうどこの時間に外に出ていのだが、黄砂のためか太陽の光が弱々しく、それはそれで輝く夕日とは違った趣の写真が撮れるかも...と思って早速撮影してみた。

 広角系ズームで撮影をしたが、なんとなく間延びした感じなので、圧縮効果を狙って望遠(200mm)を持ち出してきた。
 うん、明日も同じ状況の場合は、500mmくらい使うか(笑)

 IMG_0907.jpg

 IMG_0904.jpg
 こちらは、17-40mmの40mm側で撮影。広角と言っても40mmなので、見た目と比べて少し遠近感があるくらい。

 クリックしたら大きくなります。


 Webmaster

どちらがお好き? 2009年03月15日

 久々にDINO(犬)と散歩に。
 今日の空は、抜けが気持ちいいです。
 気温もやや緩く、1ヶ月前に比べて花の姿が目につく。
 梅の花は、ほとんど落ちていましたが、最後の力を振り絞って?いくつかが咲いていました。

 IMG_0852a.jpg


 IMG_0839.jpg
 歩道のすぐ脇、となりのマンションの敷地内だけど、ネギを飢えている人がいるようです。これも家庭菜園?

 IMG_0876.jpg
 野良猫と遭遇。まずは遠目で1枚。少しよって1枚。じわじわ近づいて1枚。さすがに近づきすぎて逃げました。。。

 IMG_0861.jpg
 近所に最近出来た店。赤、黄、緑...そして青空が美しいので1枚。

 (クリックすると大きくなります。)


 基本DPPのみです。フォトショではリサイズとシャープを軽く。
 ピクチャースタイルは、オリジナルsRGB対応版です。
 色温度は、空の色を出したいので、4700Kから5000Kで現像しています。
 露出調整は、-1/6(-0.17)絞り調整。
 カメラはKISS DX。レンズは17-40mmF4。
 シャッター速度優先、補正は+1/3入れてます。
 最初の3枚は内臓ストロボを使っています。
 1枚目は右から光が来て花に影が出来ているので、ストロボをレフ代わりに。
 2枚目、3枚目は影の中なので、色がハッキリするように。
 レースの場合は、被写体の雰囲気がハードな感じなので-1前後ほど補正(現像で+2/3段ほど戻す前提)しています。

 Webmaster

驚嘆の映像 2009年03月12日

 いやいや、驚いた。

 ブラックベリー(smart phone)でラジコンマクラーレンを操作できるプログラムを作ったファンが、マクラーレンからサーキットへ招待された。そこで驚くべきことが起こった...それはこちらを見てのお楽しみ。




 バトン+ブローンGP、バルセロナテストで1秒以上後続を引き離すトップタイム。
 ホンダ撤退後こんな結果を出すなんて(涙)
 ただ、F1は甘くはない。開発を続けて行かなければ、今あるアドバンテージなんてあっという間に無くなる。それに、ブローンGPは遅れをとっているのは確かでそれをロスは認めているようだし。

 ん?ブラウンGPじゃないかって?
 BrawnGPの発音は、アウンではなくオーン(カタカナで書くと別物のように聞こえるかなあ)。茶色(Brown)の発音がブラウン。同じではないそうです。
 実際、カーグラのインタビューでもロス本人が、ブローンが正しいと言ってました。(カーグラはブロウンと書いていたけ、オウンではまた違うのでは?)
 どうでも良い事?失礼しました。

 エラそうに書いてますが、発音、ほんとうは自信無いです^^;
 ブローンは事実だと思いますが。
 単なる知ったかですね。

 BrawnGPのサイトはこちら。

 追記
 アロンソは、ブローンGPの速さは本物と言った。
 2007年、ホンダについて期待できそうな見通しをシーズンオフのテストでマスコミは言及していた。しかし明確にアロンソは、ホンダは他の有力チームと比べて遅れをとっていると語った。予想はあたり、この年からホンダはどん底の状況に陥った。
 彼の実力、そしてこのことからも、現時点ではかなりのアドバンテージをブローンGPは持っているのだろう。
 残念でならない。。。

 Webmaster

今期の初ヤマメ 2009年03月06日

 3月1日に解禁になった今年の渓流釣り。解禁の翌日の2日に東京の西部にある桧原村近くを流れる渓流に出かけた。気温がまだ低いため当然の事ながら水温もかなり下がっている。
 ある淵をのぞくと、底のあたりに数匹のヤマメが泳いでいるが、動きが遅く活性もかなり低いようだ。これではフライでは太刀打ちできないと、川虫を石の下から探し出しそれをエサにした。岩陰に隠れるようにして数回流れにそってエサの川虫を流たところ、昨年秋口に稚魚放流したと思われるきれいなヤマメがエサを口にしてくれた。解禁にあわせて放流した魚とは明らかに魚体が異なりスリムで尾もピンとしている。あまりにきれいなヤマメだったので、水面に顔を出したところでシャッターを押してみた。魚が動いているのは、水面の波紋でよくわかる。この日の最大のヤマメは26センチと初釣りとしては満足した。ところがこれまで一度も感じた事がなかったのだが日が高くなるに連れ、やたらとクシャミが出てくる。同行の仲間が言うには、花粉症の症状だと言う。そういわれあたりを見渡すと360度杉の森にその川は囲まれていた。この年になって花粉症デビューをするとは思わなかった。ちなみに鼻血のように、ティシューを花に詰めるとクシャミが出ないのでこれはやはりそうだろう。
 当然ながら、帰宅してから早速マスクを買い求めた。それも超立体というタイプを。

 yamame1.jpg


Joppa
  

インサイト試乗の話 2009年03月03日

 先日、ホンダのハイブリッド車インサイトを試乗しました。
皆さんもご存知のように、ホンダのハイブリッド車は、エンジンがメインでモーターはアシストというシステムです。
ちなみに発進加速時は、エンジン作動とモーターアシストです。その後低速クルーズになるとモーターのみの作動に変わりますが、この時のエンジンは全気筒が休止します。またその後の加速では、再びエンジン作動とモーターアシストで力強い加速が得られます。この際の加速感は、これまでのハイブリッド車にはない鋭い加速をします。そして高速クルーズになるとモーターは休止してエンジンのみの作動になります。
 これが減速になると、減速時のエネルギーを利用してバッテリーに充電します。
例えば交差点で信号待ちなどの停車時には、アイドリングを自動的に停止して燃料の節約と排出ガスを押さえます。つまり停止時はエンジンは動いていません。その後の発進にはアクセルを軽く踏むとエンジンは再始動します。
 試乗した感想は、高速道路での合流も力強い加速で全く不安なく本線の速度に乗る事ができた。またエンジン走行時とモーターアシストの切り替え時の違和感もなく、ホンダのこれまでのハイブリッド車と比べても確実に進化している。

 インパネが楽しい。ステアリングホイールの前目線が自然に向かう位置に、デジタル表示の速度表示がある。その中にグリーンやブルーの色が虹のように表示されるが、グリーンだと燃費に良い運転状態を表し、ブルーでは急加速や急減速時などの燃費の悪い状態を示してくれる。視覚的に判断できるので運転中もできるだけグリーンを表示させようという意識が働き、結果として燃費の向上につながるようだ。
 写真では、カーナビの画面をECO情報表示機能にしているので、瞬間燃費やこれまでの運転状態を確認する事ができる。仲間と移動する際にはこの情報を参考にして、それぞれのECOドライブ度によりガソリン代を分担する事も可能ではないだろうか。
 試乗できるチャンスがあれば、ぜひ体験してみてください。

 Joppa

 inst.jpg

  

美しい斜光線、美しい走り2 2009年03月01日

 

 昨日の写真と同じコーナーで撮影。
 最終の決勝レースのため時間帯がかなり遅くなり、建物の影がコーナーの途中まで落ちている。
 
 Webmaster


美しい斜光線、美しい走り 2009年03月01日

 DPP07D90301002742.jpg

 10月に開催の岡山国際サーキットのあるコーナーでは、いつも夕方の時間になると印象的な斜光線を作っていた。
 まるで秋の光線に合わせて作ったと思わせるようなサーキットだ。

 Webmaster

GrandPrixEyes
Webmaster運営のモータースポーツフォトギャラリーサイトです。
レースフォトグラファー体験講座案内もあります。
webgpe.gif
プロフィール

Author:Joppa and Webgpe.comWebmaster
--------------------------
Joppaこと鈴木雅雄は、日本レース写真家協会 前会長(第4代会長として18年間JRPAの会長職を担う)。しかしながらその実態は...釣り好きで面倒見の良い『焼酎好きなおっさん』。


そしてブログを管理しているWebgpe.comのWebmasterこと原田祐司は、Joppa師匠の弟子。
ロードレースプレスカメラマンでMac好きな『おにいさん(°°)☆\(--メ)バキッ!
...もとい、おっさん』です。

2人とも鈴鹿サーキットレースフォトグラファー体験講座講師でもあります。

里親募集
楽天トラベル
楽天市場
ページアクセスランキング
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
タグ

全日本ロードレース 鈴鹿サーキットレースフォトグラファー体験講座 8時間耐久ロードレース SGT ポッカGTサマースペシャル スローシャッター dog パノラマ 野田弘樹  年賀状 JRPA写真展 フォーミュラニッポン 伊藤真一 鈴鹿300kmロードレース 夕日 鈴鹿2&4レース Express ミニチュアダックス 女性ポートレイト キャンギャル オートポリス 秋吉耕佑 2011MFJ-GP スーパーフォーミュラ 月(moon) シルクロード ラグビー 加藤大治郎 エアーズロック 逆光 ケニー・ロバーツ モノクロ 白とび 玉田誠 神戸製鋼 中山翔太 鈴鹿サーキット 阿部典史 8耐テスト ピクチャースタイル 斜光線 セロー  露出 増田耕二 トレーニング C3fit E-PL2 イーハトーブトライアル大会 富沢祥也 EOS-1DMark4 CW-X 散歩 シューズ  浸透圧 c3fit EOS-1DMark3 LedZeppelin 原田哲也 マン島TT 25周年 TheColorsArePSed,OrNot? 多摩テック 別府湾 StairwayToHeaven 島田紳助 カワサキ ロッシ エディー・ルジャーン スポーツドリンク 和牛肉巻きおにぎり フォーカシングスクリーン 柳川明 本家和牛肉巻亭 安田毅史 工藤靖幸 テック21 平忠彦 LifeWithPhotographsタイトルリニューアル ポップ吉村  青木(宣) 自作魚焼き器 MagicTrackpad Apple グレアムクロスビー ウェスクーリー 津田一磨 色温度 スローシンクロ 子供 ジョナサンレイ オグリキャップ 有馬記念 マジックアワー マルチレンズフード 岡山ロードレース選手権 新年会 WiMAX ホイール   日中シンクロ BikeTrekking 目から鱗技 Mac F1GP アイルトン・セナ 城達也 J-GP3 タモ ブリーズライト トライアル JMM 森脇尚護 小西良輝 ピクセルマッピング EP-L2 女性ポートレート 金環日食 F1 ドット抜け E-PL2 祭り ウェブサイト作成 アートフィルター t1235  さんふらわ フレディー・スペンサー 亀谷長純 アンドリューミラー サウンドマン 岡山国際サーキット パドック 伊川 U3-X ワイン・ガードナー プロクセスT1R 206RC ライブ SOUNDMAN EV-neoプロトタイプ radiko.jp トランセンド400倍速CFカード16GB(TS16GCF400) FireWire800カードリーダー 大金佑輝 MFJ-GP 井筒仁康 新配色カード175b 任意保険 家族限定特約 レプソルホンダ ご近所の犬 ヤマメ 釣り 撮像素子掃除 斉藤祐也 太陽 散歩写真 ラジコン ブラックベリー セナ&MP4/6 

ブログ内検索
リンク
最近のコメント
著作権について
掲載の写真は撮影者本人に帰属します。許可なく無断で使用は不可となっています。ご利用希望者はメールにてご連絡頂きましたら使用条件を提示します。提示に対して契約が成立の上で使用を許可致します。ご理解のほど宜しくお願い致します。 webmaster@webgpe.com
RSSフィード
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。