モータースポーツフォトグラファーの楽しみ三昧な写真人生を綴る。

スポンサーサイト --年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KISSでだって、りっぱに撮れるんだ! 2009年04月27日

 高級な機材じゃないとモータースポーツの写真は撮れないのか?
 一面、当たっているんだけど、必ずしもそうとも言えない。
 
スポンサーサイト

イチカバチか?無茶な充放電で復活...か? 2009年04月25日

 未だに、EOS1D Mark2Nを使っている。
 Mark3に買い直す準備はしていたのだが、バイク系の撮影カメラマンからは今ひとつ評判が良くない。
 とりあえずEOS1D Mark2Nは、問題なく動くので結局このまま使い続けるだろう。
 
 問題はバッテリーである。
 最初のEOS1Dは、撮像素子がCCDモデルで電池食いだったが、CMOSのMark2Nは、著しく改善された。だが、使い続けるとメモリー効果で、電池そのものの容量が減ったようになってすぐに電池切れになる。
 継ぎ足し充電をしないように、放電→充電をするようにしていたが、どうしても継ぎ足し充電をせざる得ない状況になることもある。
 そんなこんなで4本の電池(1D時代からのが2本)は、青色吐息。
 最初の1Dのときから使っている電池は満充電に10分しかかからず、撮影して50カットも撮れば電池切れである(笑)。

 battery.jpg
 バッテリー4本、一番右のやつが、最初の1D時代からの電池。

 買おうにも、入手に時間がかかる上、いまさら新しいニッケル水素は買う気にならない。そこで最近、また使いだしたのが、NEXUSという大容量リチウム電池。
 実は、1D時代に、あまりにも電池食いなのでしばらく使っていた。(写真上部の電池)
 これが強力で、あの電池食いの1Dで、フルに撮影しても2日間充電することも無く保つのだから恐れ入る。しかもリチウムだから、ニッケル水素のようにメモリー効果の心配も無い。充電も4時間で終わる。
 それでも、ひも付き(コード)なので、それを忘れて機材を置いたまま歩こうものなら、機材を引きづることになる(笑)。それが怖いので、Mark2Nになってから、4本の電池を使っていたが、そろそろ限界。またぞろNEXUSを使うようになったわけだ。

 それにしても、こんな状態と言えど4本を捨てるのは勿体ない。
 ダメ元で1週間かけて4本の充放電を繰り返した(1本につき5~6回ほど繰り返す)。 ダメージを電池が受けてもどうせ使えないんだから...と。
 
 そして一番古い電池を撮影に使ったのだが...

 JSB1000のみの撮影だからか、その1本で予選決勝を問題なく乗り越えた上、まだ十分に撮影が可能なのである!
 いや~50カットで「ぷっしゅーっ!」と電気が落ちていたとは信じられない。。。
 
 ダメ元で困っている方は1週間くらいかけて充放電を繰り返してください(うまくいくかは保証はできませんが^^;)。ちなみに、私の手元には2つの充電器があるので時間的に効率よくできたのかもしれません。
 それからNEXUSですが、これは本当に良いのですが、残念なことに現在は生産してません。(コードは販売しているようですが)もし、どこかで見つけたら、運良く見つけたら、電池で困っている方は躊躇無く(?)手に入れるとよろしいかと思います。(自分のカメラが使えるかどうか良く確認はしてね^^)

 追記
 2番目に古いバッテリーは、すぐにインジケータが半分になった。こいつはもう一度、充放電を繰り返してみよう。やはり(当然なのだが)ダメなものもある。

 Webmaster
 

 
 

 

ギャラリーを更新しました。 2009年04月22日

 GrandPrixEyesのギャラリーを更新しました。
 先日、開催の鈴鹿2&4レースのロードレースの写真です。
 今回はJSB1000のみでしたので、バリエーションは少ないです。

 2&4レース写真

鈴鹿8時間耐久レース発表会場にて 2009年04月21日

 2&4レースの時に鈴鹿8時間耐久レースの記者会見発表があった。
 行く予定は無かったのだが、鈴鹿の担当者から「さあ、始まりますよ。行かないつもり?」等と脅されて(笑)一応、顔を出しました。
 
 で、こんなものが。

 suzuka8e.jpg

 逆バンクに『ライダー専用キャンプエリア』なるものができました。
 なかなか良いアイディアですね^^

 それとスプラッシュ観戦席。
 水が常にまかれているそうで、時々、水着の『スプラッシュガール』が来るそうです。
 記念撮影とかもできるそうなので、メディアの方も如何ですか?
 って、防水用のカメラがいるんじゃねえの?なんて、話しました。

 で、とりあえず?のお約束で会場にいた8耐のキャンギャルも...
 suzuka8ecg.jpg
 (クリックすると大きくなります。)


 Webmaster

 
 
 

新生鈴鹿サーキット、インフィールド 2009年04月18日

 『KEIHIN 鈴鹿2&4レース』に取材で入ってます。
 金曜は、コースの下見でした。
 色々変わっていて、ちょっとがっかりした部分もあります。
 だけど、総じて安全性の面での改善が著しく、撮影ポイントも増えて講座の受講生の方も今までよりは広い範囲での撮影が可能になったと思います。もちろん、鈴鹿と調整をするのが前提ですが。

 ちょっと写真でご覧頂きましょう。

 IMG_0520.jpg
 S字アウト側。のり面が削られサービスロードになりました。
 高さがあるため、Eyeレベルでの撮影は不可になりましたが、2コーナのアウトまで容易に移動できるようになりました。
 
 IMG_0529.jpg

 S字のポストの先もこんな感じで撮影ができるようになりました。S字の2個目のバックショットが撮影できるようになりました。

 IMG_0525.jpg

 2枚目の写真の場所から逆バンク方面を見たらこんな感じです。

 IMG_0532.jpg

 逆バンクまでのサービスロードのイン側には撮影できるエリアがこのようにあります。
 
 S字のイン側も奇麗に整備され、S字の2つ目奥までに行けるようになっています。
 より奇麗で、安全な状態で撮影できるようになりました。
 と、いうことで、ぜひ講座にご参加ください。

 Webmaster

 

地元を散策2 2009年04月18日

 今年も板橋区のにある都立赤塚公園の大門地区で、区の花である「ニリンソウ」が見頃を迎えた。かつてはこの辺りの林の中の至る所で見られたが、都市化でその数は激減している。
いまではこの辺りでしか見る事のできないほど貴重な花と言える。
 「ニリンソウ」が生息している周りには、黄色ヤマブキやケシ科のムラサキケマンなど何種類もの小さく可憐な植物を見る事ができ、休日には散策に訪れる人も多い。
 土曜日の朝、そういえば今年はまだ「ニリンソウ」を見ていないと出かけてみたが、小さくてかわいい白い花は、二つ寄り添って「ニリンソウ」の名を表していた。何とも和む風景だ。

 IMG_0024.jpg

 IMG_0020.jpg

 IMG_0015.jpg

 IMG_0071.jpg
(クリックすると大きくなります。)
 
by joppa

マリンピア神戸にて... 2009年04月16日

 op01.jpg

 op03.jpg
 
 op02.jpg
(クリックすると大きくなります)

 らしいものは写っていません。
 気ままにレンズを向けただけです。
 以前は『ポルトバザール』と我々は呼んでいましたが、知らないうちに、このネーミングは消えてました。<無関心男

 Webmaster

こいつは凄いよね。 2009年04月15日

 まあ、見ておくんなまし。
 すごいことをする人がいるもんだ。。。

 実物大ペーパークラフトだよ!

 Webmaster

露出計 2009年04月13日

 デジタルになって使わなくなったものが露出計。
 1カット撮影してヒストグラムで確認。補正を入れてもう一度撮影。それでおしまいである。
 この十年、サーキットはおろか、それ以外の撮影でも、とんと持っていくことが無い。
 カメラの内蔵露出計で十分。必要性を感じない。(サーキットでカメラの内蔵露出計を使う場合は、ガードレールの白、または人の肌を測光して露出を決めればOK。)
 
 フィルム、特にポジの場合、必ず撮影前に測っていた。
 複雑な光線を読むわけではなく、この光なら概ねこれくらい...というデータはあるので、それが狂ってないか確認のためだ。
 それを引っ張りだして、自分の露出勘が狂っていないか確認のため、たまには持ち出そうかな~、なんて考えている。

 IMG_0486.jpg
 (クリックすると大きくなります。)

 ピーカン、1/500、F8(ISO100、プロビアベース)が、モータスポーツでの私の基準露出。デジタルになってからは、白とびの具合を考えてF9~F10になるように補正している。この露出はハイライト基準での露出値。シャドーが潰れてコントラストが強く見える場合もあるが、ハードなイメージの表現にはこれくらいがよいと思う。もっとシャドー部を出したいなら、これより絞りを1段の範囲内で開くことになるが、その場合はハイライトの具合を考える必要がでてくる。
 まあ、持って行っても果たして使うか。。。?

 ぶつけたり、落としたり。一度は壊れた。
 今度壊れたら、ミノルタは、ケンコーに版権を渡しているので修理は不可だろう。
 大事に、そして大胆に扱いたい。

 Webmaster
 

スキャッティ・オーク 2009年04月12日

 20歳台のとき、東京デザイナーブランド、イタリアンカジュアルなどのファッションの洗礼をもろに受けた。σ(^_^)アタシ。
 バルビッシュ、エンポリオ(アルマーニ)、ラルフローレンなど、トラッド、もしくはトラッドベースのブランドが好きだった。(当時の購入したスーツ等、まだ奇麗な状態でいつでも着られます。あっ、最近太ったのでそれが問題だ!)
 実はファッション業界に進むか迷った。結局、全然違う道を進み、今に至るわけだ。
 
 特に、拘ったものは、シャツとネクタイ。
 ネクタイは、絞めるのは嫌いで、作業効率が落ちる...と考えている。その上、どこかの組織に属して、ネクタイを強要されると行動や思想が縛られているようで、なんとも落ち着かない。ただ、あの小さな布の中に描かれている美しいストライプやドット、抽象的な絵画調の模様に魅せられるのも事実で、絞めるのは嫌だが、そのものは好き。。。という矛盾を抱えている。

 シャツは、『スキャッティ・オーク』を着ていた(る)。
 細い番手(100番くらい)の綿で紡がれたシャツは、キラキラ光る。また、上位ブランドの『コンブリオ』はさらに繊細な細い番手(80番120番くらい...ごめん勘違い。番手の数字は大きくなるほど糸は繊細な細さになる。)のシャツもあって、柔らかくて普段着るには惜しいくらい。
 『スキャッティ・オーク』には、カジュアルなシャツも数多く、遊び心もあって洒落ている。昔に比べて値段も手頃になってきている。

 schiatti01.jpg

 schiatti02.jpg
 表地は、細めの上品な薄い青のストライプ。裏地は、同系色のストライプと洒落ている。
 シャツ、勝手に撮影しました、すみません^^;

 (クリックすると大きくなります。)

 スキャッティ・オーク

 追記
 ボタンダウンのブルーシャツが、オーソドックスなのですが、また素晴らしいのです。

 Webmaster

 

春ですなあ~ 2009年04月09日

 本日午前中、愛犬DINOのトリミング&定期検診の日。
 2時間ほどあずけるのだが、近場に桜の奇麗な公園があるので、丁度見頃だろうということで足を向けてみた。
 その写真を、十数カット(多い?)ほど掲載します。

 sakura01.jpg

 sakura04.jpg

 sakura05.jpg

 sakura06.jpg
 今はまだ少しだけ芽吹いているだけですが、5月になると左側の藤が奇麗に咲くようです。

 sakura03.jpg
 いつもの癖?で、太陽にレンズを向けると『背景露出落とし』のストロボピカリ!をやります...

 sakura02.jpg

 sakura07.jpg
 ほぼ満開ですね。

 sakura08.jpg

 (クリックすると大きくなります。)

 Webmaster



紹介します。 2009年04月02日

 と言っても恋人や結構相手を紹介するわけではない。(°°)☆\(--メ)バキッ!
  #ベタやな~

 紹介1...

 右側にサイト紹介やプロファイル等、項目が並んでいるが、この中に『モータースポーツカレンダーver3』というものがある。
 モータースポーツのイベントカレンダやカウントダウンを表示してくれる便利もので、以前から使わせてもらっていた。
 最初は、F1とMotoGP。これにSGTも加わったのだが、さて、やっぱ僕的には一番関係が深い『全日本ロードレース』も入れて欲しいところ。
 作者の「みずのけ」さんを脅して(嘘です)...お願いしたところ、快く追加して頂けた。感謝。
 こういうカレンダはあると便利。
 全日本のように年間6戦程度だと、なんとなく忘れてしまう(おい!仕事だろ!)ので助かります。

 プラグインとして簡単に追加できるので、モータースポーツに興味のある方は使ってみては如何ですか。是非。

 追記
 管理者が強制的に表示できる仕組みも組み入れてもらえました。ほんとうに、ありがとうございました。

 紹介2...

 最近、モータースポーツのニュースサイトが増えてきた。
 雑誌が、廃刊休刊になるのとは対照的である。でも、Webも薄利なので存続できるか難しいだろうな...
 ただ、やっぱ『ニュース』サイトなのである。
 事実やインタビューを単純に掲載しているだけで、サイト一つで十分かな~と思ってしまう。
 そんな中、F1については、こちらを見ている。
 なかなか面白い。
 もちろん読む時にはフィルターをかけて読んで頂きたい。
 好みに合うかわからないが、こちら。。。

 Jovial Motorsport

 Webmaster

4月である。 2009年04月01日

 と、書いたけど、特になにも書くことはない。
 否、あるんだけど、ちょっと内容が複雑になって、どのように公開しようかと迷っている。

 で、ちょっとまだ寒さを感じるが、昼間は暖かい。
 と、言うことで、久々に履くことになった靴のリペアーに近所のショップに行った。
 ん、なんだか見たことがない花が咲いているなあ。。。
 で、急いで自宅に戻ってカメラを手に花を撮影したのがこれである。

 ああ、しんどい。悪ふざけはこれくらいにして...
 この花、なんて花なんでしょうか?
 知っている人教えてください。

 flower3.jpg

 flower2.jpg

 flower1.jpg
 (クリックすると大きくなります)

 マンションの公園に群生していて、やたら目につくんです。
 ラベンダじゃないし...
 昨年までそこには咲いていなかったと記憶しているんです。
 外来種?
 
 Webmaster

GrandPrixEyes
Webmaster運営のモータースポーツフォトギャラリーサイトです。
レースフォトグラファー体験講座案内もあります。
webgpe.gif
プロフィール

Author:Joppa and Webgpe.comWebmaster
--------------------------
Joppaこと鈴木雅雄は、日本レース写真家協会 前会長(第4代会長として18年間JRPAの会長職を担う)。しかしながらその実態は...釣り好きで面倒見の良い『焼酎好きなおっさん』。


そしてブログを管理しているWebgpe.comのWebmasterこと原田祐司は、Joppa師匠の弟子。
ロードレースプレスカメラマンでMac好きな『おにいさん(°°)☆\(--メ)バキッ!
...もとい、おっさん』です。

2人とも鈴鹿サーキットレースフォトグラファー体験講座講師でもあります。

里親募集
楽天トラベル
楽天市場
ページアクセスランキング
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
タグ

全日本ロードレース 鈴鹿サーキットレースフォトグラファー体験講座 8時間耐久ロードレース SGT ポッカGTサマースペシャル スローシャッター dog パノラマ 野田弘樹  年賀状 JRPA写真展 フォーミュラニッポン 伊藤真一 鈴鹿300kmロードレース 夕日 鈴鹿2&4レース Express ミニチュアダックス 女性ポートレイト キャンギャル オートポリス 秋吉耕佑 2011MFJ-GP スーパーフォーミュラ 月(moon) シルクロード ラグビー 加藤大治郎 エアーズロック 逆光 ケニー・ロバーツ モノクロ 白とび 玉田誠 神戸製鋼 中山翔太 鈴鹿サーキット 阿部典史 8耐テスト ピクチャースタイル 斜光線 セロー  露出 増田耕二 トレーニング C3fit E-PL2 イーハトーブトライアル大会 富沢祥也 EOS-1DMark4 CW-X 散歩 シューズ  浸透圧 c3fit EOS-1DMark3 LedZeppelin 原田哲也 マン島TT 25周年 TheColorsArePSed,OrNot? 多摩テック 別府湾 StairwayToHeaven 島田紳助 カワサキ ロッシ エディー・ルジャーン スポーツドリンク 和牛肉巻きおにぎり フォーカシングスクリーン 柳川明 本家和牛肉巻亭 安田毅史 工藤靖幸 テック21 平忠彦 LifeWithPhotographsタイトルリニューアル ポップ吉村  青木(宣) 自作魚焼き器 MagicTrackpad Apple グレアムクロスビー ウェスクーリー 津田一磨 色温度 スローシンクロ 子供 ジョナサンレイ オグリキャップ 有馬記念 マジックアワー マルチレンズフード 岡山ロードレース選手権 新年会 WiMAX ホイール   日中シンクロ BikeTrekking 目から鱗技 Mac F1GP アイルトン・セナ 城達也 J-GP3 タモ ブリーズライト トライアル JMM 森脇尚護 小西良輝 ピクセルマッピング EP-L2 女性ポートレート 金環日食 F1 ドット抜け E-PL2 祭り ウェブサイト作成 アートフィルター t1235  さんふらわ フレディー・スペンサー 亀谷長純 アンドリューミラー サウンドマン 岡山国際サーキット パドック 伊川 U3-X ワイン・ガードナー プロクセスT1R 206RC ライブ SOUNDMAN EV-neoプロトタイプ radiko.jp トランセンド400倍速CFカード16GB(TS16GCF400) FireWire800カードリーダー 大金佑輝 MFJ-GP 井筒仁康 新配色カード175b 任意保険 家族限定特約 レプソルホンダ ご近所の犬 ヤマメ 釣り 撮像素子掃除 斉藤祐也 太陽 散歩写真 ラジコン ブラックベリー セナ&MP4/6 

ブログ内検索
リンク
最近のコメント
著作権について
掲載の写真は撮影者本人に帰属します。許可なく無断で使用は不可となっています。ご利用希望者はメールにてご連絡頂きましたら使用条件を提示します。提示に対して契約が成立の上で使用を許可致します。ご理解のほど宜しくお願い致します。 webmaster@webgpe.com
RSSフィード
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。