モータースポーツフォトグラファーの楽しみ三昧な写真人生を綴る。

スポンサーサイト --年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これは? の、その後...いよいよ実行! 2009年05月30日

 5月26日のエントリ『これは?』...
 今日は天気も良くて絶好の撮影日和なので
 実行に移すことにした。
 
  #いやいや、別に目新しいことではないんですよ。
  #これを使ってやってみたいことがあるので...

 結論は後にする。
 もったいぶっちゃおう。

 まずは、撮影のセッティングから...

 pano_set01.jpg

 三脚にストロボブラケット、こんな感じ↑でセットします。



 pano_set02.jpg

 装着はこんな感じです。。。レンズ光軸と三脚の回転軸を合わせるため、三脚台に線を書き込んでいます。
  #ローテクだな...(笑)
 で、その回転軸、レンズの中心となるポイント、『ノーダルポイント』と呼ばれる「レンズの焦点中心」...に合わせます。 ← これが一番重要。
 ノーダルポイントは、探し当てるのが結構シビアで、これを大きく外すと、これからやる撮影では苦労します。

 さてここまで書くと、わかる人はわかるだろう。



 pano_set03.jpg

 セットした状態がこれ。まだ水平や垂直はだしていないので傾いている?
 さて、ここからセッティングが完了したら撮影です。

 で、撮影した結果は...

 続きを読むをクリック! 



 
スポンサーサイト

初夏の訪れ 2009年05月30日

 ツバメの雛、三羽。
 メーターの巣上で元気に育っている。
 生き物が好きな私は、見ると無性に愛おしくなってくる。

 かなり昔、同じように四羽が巣立ち、夜はしばらく裏の木で羽を休めていた。
 そして秋の訪れとともに旅立ったていった。
 三羽とも同じ様に無事巣立って欲しい。

 tsubame001.jpg

 tsubame002.jpg

 Webmaster

タイムスリップ...懐かしき時代へ 2009年05月29日

 よく伺うNKさんのblogで、城達也氏の話題が上がっていた。
 氏と言えば、ジェットストリーム。しかし、F1のナレーションもしており感動ものであった。
 そこからの連想で、「城達也→モナコGPエンディングナレーション→セナ」と繋がって、検索して見つけたのがこのyoutubeの映像。
 どれも記憶にあり、どれも懐かしく、走馬灯のように駆け巡る映像なのである。

 あの時代を知るみなさん、そして知らない方も、是非目を通して欲しい。
 バックに流れる音楽は、番組エンディングで流れていた(80年代は日本GPの時のみだが、90年台のいつ頃からか毎レースごと流れていた)ロビンザンダーの『In This country』です。

 この映像が終わった後に、続いて同様の懐かしい映像を見ることができます。サムネイルを選んで、懐かしのひと時を味わってください。


 

 Webmaster

激安カードリーダー 2009年05月27日

 これもちょいと前の話になるのですが...

 MacにとってUSB2.0は、USB1.3程度の実力しかありません。
 CPUがインテルになってからは、1.6くらいかな?(笑)

 と、いうわけで、FireWire800(IEEE1394b)またはeSATAを使うようにしているけど、値段が高いのがネック。HDDとか値段は、そんなに変わんないんだけどね。
 Expressカード、FireWire800(IEEE1394b)カードリーダーだと無印(バルク等)は別にして、5000円から8000円はする。
 マルチではないリーダーごときにそんな値段出したくないなあ、理想は、お手軽で、そこそこ速度が稼げる、小型のUSB(2.0)マルチカードリーダーが。。。と思っていた。
 バッファロー(サポートの回答が、なっていなくて買うのは嫌なんだけどね)のが、結構評判いいので仕方なくポッチり行くか~と...行きかけたら、トランセンドが安い、(UDMA対応で)速いよ...という情報を掴んだので調べてみた。

 まあまあ良さそう。
 お値段は1,180円!(税込み、送料込み)

 安いでしょ。

 これは、ダメでもまあ諦めもつく...ということで買いました。

 transcendp8.jpg

 こちらから買いました。。。マルチカードリーダー/ライター トランセンドTS-RDP8K
(アフィリエイトリンクになっています。そういうのがお嫌いな方は、楽天のトップページから『Hi.PREGIO』の店名で探してください。)

 肝心のインプレ。
 一見、鏡面仕上げで高級感を感じるが傷がつき易い。
 手に取るとプラスチッキーな感じで値段相応。だが目的が目的なので気にならない。

 CFからHDDへのコピーの時間を簡易的に測定したのが下記の通り。

 ■ UDMAのCF
    TS4GCF300(4G 300倍速) 2.7G 2分弱 (計算上 4Gで3分弱)
 ■ UDMAじゃないCF
    Extreme3(4G 133倍速) 500MB 27秒 (計算上 4Gで3分40秒弱)

 とまずまずの性能。
 マシンは、MacBookPro2.2G HDD160G(7200rpm)。
 一応、お薦め。

 Webmaster



 

 

これは? 2009年05月26日

 諸般の事情で今月末くらいまで、動けないし、新しい記事の更新ができない。
 以前からネタとして仕込みと準備していた写真があるので、それをblog掲載サイズに加工して掲載しよう。


 最近...ちょっと空いた時間でちょこちょことやっていることがある。
 その一部がこれ...

 pano.jpg

 写真は、エツミのストロボブラケットと水準器。
 ブラケットは、見ての通り変な組み方をしています。このブラケットは、使うこと無くホコリを被っていましたが、思いつきで本来と違う用途で使われることになりました。
 さて何をしようとしているでしょう...(わからないだろうな...わかった人は凄い!)
 来月になって時間がとれるようになったら、これを使ってあるものを撮影します。それをここで公開しますので、こうご期待を。
 
 ちなみにモータースポーツとは関係ない...かも^^;

 Webmaster


2009年第一回鈴鹿サーキットレースフォトグラファー体験講座 2009年05月18日

 5月17日、新生鈴鹿サーキットで今年はじめてのレースフォトグラファー講座が開催されました。
 参加は22人。初参加が4人。雨の中みなさん真剣に撮影されてました。
 楽しんで頂けたでしょうか?

 # 参加された方で、このエントリを読んだ方、コメント等に講座の感想を書いて頂けましたら幸いです。また、参加してみたい方もコメントどうぞ。

 今回の改修で撮影範囲が広くなり、ある程度自由に撮影が可能となりました。
 確かにEyeLevelでの撮影箇所が、少しなくなりましたが、観客席からの撮影に比べれば、迫力を肌で感じながら撮影が出来ると思います。
 講座は、初心者の方も大歓迎です。機材もキヤノンの白レンズ(300mm~800mm)に最新カメラ(Mk3や50D、5DMk2)を用意していますし、特に初めての参加の方に機材を優先でお貸ししています。何を使っていいのかわからない場合は、我々がアドバイスをして選択しますので、ご安心ください。

 
 今回は、私は機材を持っていかなかったのですが、テストをかねて100mm-400mmのズームにEOS 50Dで撮影してみました。
 50DのAF性能は、聞いてはいましたが、かなりのレベルでした。
 おそらく、500mmにつけて、いつもの感じで撮影すれば、1D系に近い感じで撮影が可能と思われます。AFポイント(測距点)も真ん中以外でも、まずまず使えます。
 ただ、1DMk2に比べるとISO100でノイズ感を感じます。しかし、これは仕方ないこと。CCDの面積そのものが狭く、1素子の受光面積が小さい1500万画素ですから...とは言え、十分過ぎる性能です。但し、高感度域では、おそらく50Dの方がノイズに関しては上手だとは思います。やはり、それは新しい機種の方が上でしょう。

 以下、上記の機材で撮影した写真です。

 IMG_9706.jpg

 IMG_9650.jpg

 IMG_9682.jpg

 IMG_9718.jpg
 
 同じ感じの写真が並んだので、最後の1枚を差し替えました。

 Webmaster

ポン酢は何を? 2009年05月07日

 前回のエントリは、ちょっと?お堅いお話だったので、今日は柔らかいお話を。。。

 関西でポン酢と言えば『旭ポンズ』。
 関西に住んでいれば、知らない人がいないくらいの定番。
 最近全国的にも知名度が高くなった。

 しかし、私は、こちらのポン酢で頂いている。
 食べ比べて決めた。
 味は嗜好性があるのでどちらが美味いのかは断言はできないが、好みで語るなら私はこれの方が好きである。
 
 ■ 森田醤油 奥出雲のぽん酢

 okuizumo_pon.jpg

 旭ポンズに比べるとマイルドな感じ。
 旭ポンズの柑橘系の刺激が欲しい方は、物足りないかもしれないが、味わい深い上品な感じです。
 ネットで購入できます。(ラベルは違いますが、値段も中身も同じだと思います。)

 森田醤油

 Webmaster
 
 追記
 これだけでは素っ気ないので...

レース写真で比較するRAW現像ソフト その4 2009年05月03日

 追記
 DPPでの現像結果と比較できるように下の方にチャートを追加しました。
 
 チャートを見ることで、どのような色傾向になるのか、逆にイメージした色にしたいがどの色を調整すれば良いのか...ということが予測がつき、定型の現像パラメータ作成ができます。
 例えば、空の色を深い青にしたいと思えば、どのカードの色のところを調整すれば良いか...数値で把握してデータ(DPPのピクチャースタイル)に反映が可能になります。
 
---------------------------------------------------------------------------------------------------------

 レース写真で比較するカラーチャート(笑)で比較するRAW現像ソフト特性。
 4回目は24色チャートを使ってSilkypixの色彩特性を分析します。

 #やっと4回目。次のSilkypixのヴァージョンがでているけど、
 #色の骨格部の傾向は、変わっていないと...思います^^;
 #参考程度に読んでください。

 Silkypixには、カラーモードと呼ばれる色再現を決定する色彩のベースが備わっている。
 わかり易く(?)言えばキヤノンの現像ソフトDPPのピクチャースタイルのようなものである。
 標準色をはじめとし、モノクロ、記憶色、美肌色、フィルムシミュレーション等数種類が備わっている。
 最初にその中の標準色の基本の色彩特徴をみたい。

■標準色の色彩傾向

 sRGB_std.jpg


  1)赤の色合い(カード1~3)(色相)が、少しマゼンタ方向にズレている。
  2)緑色(カード10~11)が、(私の)記憶色比べてほんの少し黄色方向にズレている。
  3)青緑~青付近(カード12~18)の彩度が、飽和点(彩度100%、それ以上鮮やかにできない状態)に達している。
  4)全体的に濃度、彩度が本来のカードの色と比較して高い。


 3)の青緑付近の彩度が高過ぎることが少々問題か?
 見た目は高いように見えないが、実際はこれ以上は彩度が上がらない。
 Photoshopの色相/彩度コマンドで最高値まで彩度を上げたが、
 他の色のように彩度が上がっていないことからもわかる。(下の写真)

 sRGB_std2.jpg

 このカラーチャートは、sRGBの色域に全色が収まるにも係わらず、
 SilkyPixでは青緑の彩度がsRGBの色域をはみ出している。
 この傾向は、標準色以外のカラーモードでも同様だった。
 AdobeRGBで展開すれば彩度は色域内に収まるが、もともとsRGBで表現が可能なのだから正しい色再現という面では疑問が残る。
 そこで青緑付近を100%以下の数値になるように全体の彩度を調整したが、
 色全体が冴えない色になる。
 また特定色のコントロールができる機能(ファインカラーコントローラ)を使って青緑を下げても(微調整機能なため)十分に下がりきれない。
 色再現は、銀塩時代に各々フィルムに特徴が合ったように様々な再現があって良いと思う。
 だが、まずは基本の色合い(この場合は、sRGB内に収まるように)が再現でき、
 その上での特徴的な色合いが存在するのが良いのではないか。
 上記のことからSilkyPixの色再現を生かすためにはAdobeRGBの色域が必要で、ディスプレイにも同様の再現能力が必要となる。

 (私のフィルムの記憶色と比べ)緑色が僅かに黄色方向に回転している感じだが、これがSlikyカラーだなあ...と言われる所以か?
 ポジフィルムの傾向(特にフジフィルム)として、緑は青青とした感じ。さらに、空の色も深めの青だったと記憶に刷り込まれている(少なくとも私は)。
 これを上手く再現しているのが、フィルムシミュレート5種中の『フィルム調P(フジのプロビアをシミュレートしたものだろう)』ではないか。
 他にはフィルム調Vがあるが、これは癖があって使いずらい。
 個人的な好みから、SilkyPixでの現像はこの『フィルム調P』を使っている。

■フィルム調Pの色彩傾向

 『フィルム調P』をこのカラーチャートで見ると、
  1)全体的に彩度はやや高め。
  2)赤系の色相(色合い)は、ほぼ合っている。
  3)緑は青方向に色合いが回転しており、ポジに近い感じ。
  4)青緑付近の彩度が高い傾向は標準色と同じ。
  5)青の再現もややマゼンタ(マゼンタと言うとマゼンタに被っていると勘違いされるかもしれないので)紫方向に回転しているが、ポジに近い感じの色。

 sRGB_pkai.jpg
 
 『フィルム調P』もそのままでは使いずらいので、以下のように最適化した。
 全体の彩度を下げた。(カラーチャートの色データの彩度に近くなるように)
 次に実際の写真で観察して適度に彩度を調整した(青緑付近の彩度は100%のまま)。
 あとは各色彩をファインカラーコントローラで細かく調整した。

 上記との比較対象として『私が作った』DPPのピクチャースタイルで現像したチャートを掲載する。

 color_c.jpg

 緑の彩度がやや低いが、このチャートでこれくらいでないと緑の諧調がでない。
 青(18番目くらいのカード)は、私が作成したピクチャースタイルを使ってDPPで現像した方がやや深い。
 黄緑(9番目10番目のカード)は、『フィルム調P』より黄色に近いが『Silky標準』ほど黄色くない。私の記憶色から、やや黄色、黄緑を緑の色相方向に僅かに振っている。
 
 複雑に見える内容で面倒で投げ出したくなりますが、知識をつなぐピースを見つけると、さーーっと理解できるようになります。。。それまで苦労しますが。

 Webmaster

GrandPrixEyes
Webmaster運営のモータースポーツフォトギャラリーサイトです。
レースフォトグラファー体験講座案内もあります。
webgpe.gif
プロフィール

Author:Joppa and Webgpe.comWebmaster
--------------------------
Joppaこと鈴木雅雄は、日本レース写真家協会 前会長(第4代会長として18年間JRPAの会長職を担う)。しかしながらその実態は...釣り好きで面倒見の良い『焼酎好きなおっさん』。


そしてブログを管理しているWebgpe.comのWebmasterこと原田祐司は、Joppa師匠の弟子。
ロードレースプレスカメラマンでMac好きな『おにいさん(°°)☆\(--メ)バキッ!
...もとい、おっさん』です。

2人とも鈴鹿サーキットレースフォトグラファー体験講座講師でもあります。

里親募集
楽天トラベル
楽天市場
ページアクセスランキング
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
タグ

全日本ロードレース 鈴鹿サーキットレースフォトグラファー体験講座 8時間耐久ロードレース SGT ポッカGTサマースペシャル スローシャッター dog パノラマ 野田弘樹  年賀状 JRPA写真展 フォーミュラニッポン 伊藤真一 鈴鹿300kmロードレース 夕日 鈴鹿2&4レース Express ミニチュアダックス 女性ポートレイト キャンギャル オートポリス 秋吉耕佑 2011MFJ-GP スーパーフォーミュラ 月(moon) シルクロード ラグビー 加藤大治郎 エアーズロック 逆光 ケニー・ロバーツ モノクロ 白とび 玉田誠 神戸製鋼 中山翔太 鈴鹿サーキット 阿部典史 8耐テスト ピクチャースタイル 斜光線 セロー  露出 増田耕二 トレーニング C3fit E-PL2 イーハトーブトライアル大会 富沢祥也 EOS-1DMark4 CW-X 散歩 シューズ  浸透圧 c3fit EOS-1DMark3 LedZeppelin 原田哲也 マン島TT 25周年 TheColorsArePSed,OrNot? 多摩テック 別府湾 StairwayToHeaven 島田紳助 カワサキ ロッシ エディー・ルジャーン スポーツドリンク 和牛肉巻きおにぎり フォーカシングスクリーン 柳川明 本家和牛肉巻亭 安田毅史 工藤靖幸 テック21 平忠彦 LifeWithPhotographsタイトルリニューアル ポップ吉村  青木(宣) 自作魚焼き器 MagicTrackpad Apple グレアムクロスビー ウェスクーリー 津田一磨 色温度 スローシンクロ 子供 ジョナサンレイ オグリキャップ 有馬記念 マジックアワー マルチレンズフード 岡山ロードレース選手権 新年会 WiMAX ホイール   日中シンクロ BikeTrekking 目から鱗技 Mac F1GP アイルトン・セナ 城達也 J-GP3 タモ ブリーズライト トライアル JMM 森脇尚護 小西良輝 ピクセルマッピング EP-L2 女性ポートレート 金環日食 F1 ドット抜け E-PL2 祭り ウェブサイト作成 アートフィルター t1235  さんふらわ フレディー・スペンサー 亀谷長純 アンドリューミラー サウンドマン 岡山国際サーキット パドック 伊川 U3-X ワイン・ガードナー プロクセスT1R 206RC ライブ SOUNDMAN EV-neoプロトタイプ radiko.jp トランセンド400倍速CFカード16GB(TS16GCF400) FireWire800カードリーダー 大金佑輝 MFJ-GP 井筒仁康 新配色カード175b 任意保険 家族限定特約 レプソルホンダ ご近所の犬 ヤマメ 釣り 撮像素子掃除 斉藤祐也 太陽 散歩写真 ラジコン ブラックベリー セナ&MP4/6 

ブログ内検索
リンク
最近のコメント
著作権について
掲載の写真は撮影者本人に帰属します。許可なく無断で使用は不可となっています。ご利用希望者はメールにてご連絡頂きましたら使用条件を提示します。提示に対して契約が成立の上で使用を許可致します。ご理解のほど宜しくお願い致します。 webmaster@webgpe.com
RSSフィード
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。