モータースポーツフォトグラファーの楽しみ三昧な写真人生を綴る。

スポンサーサイト --年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

故郷に帰る 2009年08月31日

 5月、数日実家に戻る。

 夕飯前に家の裏山だったところに昇る。。。と言っても、そこは今では住宅地になっていた。ずいぶん変わったんだ...
 そこから臨んだ景色を...

 yuhutsurumitakasaki_m.jpg
 (クリックすると大きくなります。)

 そして帰りに、昔ながらの、そして消え行くプラットフォームに停車する(今から乗り込む)ソニックを写し止めました。
 なんだかアンバランス...なのだが、この駅も高架ができ近代化される。
 昔の懐かしい風景が少しずつ消えて行く。
 写真って、大切だよなあ...

 sonic.jpg
 (クリックすると大きくなります。)

 Webmaster




 

 
スポンサーサイト

雪豹(Snow Leopard)がやってきた。 2009年08月28日

 MacOSX10.6、通称Snow Leopard、8/28の午前中、クロネコがつれてきた(w)。

 今回は、アップグレード価格で3300円という破格の値段。
 安い!
 これからインストールなのだが、見た目は前バージョンと同じ感じで、変化は乏しいらしい。らしいというのは、まだインストールしていないから。
 中身は、かなりリファインされていてサクサク動くらしい。。。(はい、らしいです)

 で、写真をパッチリ。
 ちょいと遊んで、歴代の10.2から10.5までのパッケージを並べて、ストロボは「天バン(天井バウンス)」で撮影しました。
 インストール、楽しみ。

 snowleopard.jpg
 (クリックしたら大きくなります。)

 追記
 無事インストール&移行作業完了しました。
 今回はメジャーアップデートということで、新規インストールをしましたが、まあ、いろいろありました。
 一番困ったのは、PhotoshopとSilkypixの移行がうまくいかないこと。
 回避方法を見つけてうまくいきましたが...
 結論としては、
 OSX付属のタイムマシンによるバックアップデータでは、これらのアプリの移行はうまくいかないようです。データが不完全なんでしょう。
 バックアップブート(別の起動ディスク)として作成したデータは、完全なクローンなので、こちらから移行することでうまくいきました。
 今までタイムマシンでバックアップを取っていましたが、それをやめてCCC/カーボン・コピー・クローナー(http://www.versiontracker.com/dyn/moreinfo/macosx/13260)でバックアップをとることにしました。
 OSX10.6への移行の際、移行アシスタントを使う方は、

 タイムマシンのデータを使わずCCCで作成したモノでやってください

 それから、プリンタドライバですが、PX5500に関しては、エプソンは早々と対応ドライバを出しています。これも動作確認済です。

  #えらいぞエプソン!!!

 ということで、10.6へ移行の方、参考になさってください。

 追記2
 silkeypixの3.0は、タイムマシンでの移行、復活は動作保証外だそうです。Mac版は4.0がないので(4.0も果たして対応するか不明だけど)、実質CCCを使わないと移行できないと言うことです。
 


 Webmaster
 

ポッカGTサマースペシャル その2 2009年08月27日

 太陽が山影に入りはじめ、S字コーナーの手前をまだらに照らしていた。
 その中をひた走るランボルギーニ。

 pokagt03.jpg
 (クリックすると大きくなります。)

 Webmaster

GT_Night is Blue 2009年08月26日

 この前のエントリ『夜は蒼い』で話したセッティングで撮影した。
 思惑とは少し外れたものになったが、面白いかもしれない。

 太陽が低くなりサーキットが影に覆われたくらいの状態で試した。
 レースは残念なことにNSXのリタイヤでセフティーカーが入り、パレード状態になりつつある。

ポッカGTサマースペシャル 2009年08月25日

 8月23日、ポッカサマースペシャル。
 今年は、レースディスタンスが、1000kmから700kmとなってちょいとさびしい感じでしたが、これはこれでよかったかも?

 レースフォトグラファー体験講座参加のみなさん、お疲れさまでした。
 時間的に余裕があったことから、今までと少し異なる感じになったのではないでしょうか?
 私の感想としては、いつもより写真に軸足を置いた(?)講座になりました。
 プロジェクターを使って、午前中撮影したみなさんの写真を見て話し合ったり、個別に写真の感想を私を交えてお話ししたり...等々。
 おまけに、世代間での写真に対する感覚の違いを見るなど思わず教室は笑いに溢れました。
 これからもこんな感じで開催して行きたいと思います。

 参加された方、参加してないけど興味のある方、もちろんどなたでもコメント欄に質問を含めて意見など頂けたら幸いです。

 pokakouza01.jpg
 講座受講生側から見た、2コーナと激感シート。

 pokakouza02.jpg
 撮影中の受講生のみなさん。

 

 今回は、みなさんに刺激されて、苦手な4輪もちょっとまじめに撮影しました(笑)。
 ということで、撮影した写真をギャラリーに掲載。
 今回、久々にテレコン×1.4も持ち出しました。私は滅多に使わないけど、バリエーションを増やすためにかなり使いました。が...テレコンは大昔のヤツ(かれこれ15年以上前)でちょっと画質劣化を感じました(笑)。特にコーティング。まあ、仕方ないか。新しいの買わないと。。。と言ってもあまり使わないからなあ~

 pokag.jpg
 (クリックするとギャラリーの表紙ページに飛びます。表紙ページ3つのサムネイル左をクリック)
 Webmaster

夜は蒼い。 2009年08月20日

 夜を蒼く感じること、ありませんか?

 日が暮れてから闇に移るある瞬間、蒼く感じるんです。
 その雰囲気をレースの写真で表現できないか...

ハバネロシュー!? 2009年08月12日

 すぐに食いついた。
 「どんなんだろう。シュークリームは好きだし、激辛も好きだし、俺好み?!」
 「辛さが来て、その後甘さが交代に来るのか、それとも逆パターンか?」
 想像が膨らんで、発売日の8月11日には、早々にファミマ。
 関西限定だそうで。
 が、風邪で喉をやられていてその日は食せず。そして今朝。

 まずは、パッケージ。

 habanero01.jpg

 (クリックすると画像が大きくなります。)

 パッケージには「シューパフに京都産ハバネロがペーストが0.3%練り込まれている」とのこと。京都産だから関西限定なのか?
 微妙な0.3%に不安が走るのだが。
 
 まずは、パッケージから取り出して中身を拝見。

 habanero02.jpg

(クリックすると画像が大きくなります。)

 ほ~っ、パフの中身が「エビセン」のような赤さだ。
 辛いかも...しれん。

 拡大...

 habanero03.jpg

 (クリックして画像を大きくして、赤味の雰囲気をご覧ください。)
 
 このパフが激辛なのか...
 なんだか写真で見ると生々しい....いや、辛そうに見える?

 では...と1口。












 ...ん?

 2口。












 辛くない!

 カスタードの甘さが口にひろがるも、辛さは...喉が痛いので少し刺激されるだけ。
 やっぱ想像は予感通り裏切られた。
 激辛と甘さが交代に「激しく」来ると思っていたのに...
 (それじゃ売れないわな、俺好みではのでは)
 結局、普通のシュークリームをどこが違うのかわからない。(微量のハバネロの辛さは無理すれば感じる?)
 これ以上、書くことがない...

 以上、ハバネロシューは、ちょいと残念なシュークリームという結論でした。
 普通に甘さを、というなら行けるけど、それだとこのシュークリームじゃなくても良いでしょ。

 興味のある関西地区の方は、話のネタにファミマまで走ってください。
 そして、味の感想を。
 私の味覚だけでは信用できないと思いますので。

 Webmaster


 

Ashes and Snow 2009年08月09日

 Gregory Colbertを初めて知ったのは、雑誌Pen2005年12月号『社会をクリエイトする写真家の仕事』という特集。

 野生動物と人との魂の触れ合いを感じさせる神秘的な写真だった。
 衝撃を受けた。
 Amazonで見つけた彼の写真集は、たちまち品切れとなり、3000円くらいの写真集が数倍の値段のプレミアムがついて取引されていた。
 幸い増版されて、手に入り易くなったが、すぐに売り切れになってしまう。
 (最近、また品切れのようだ)
 種類が多く、どれを買っていいのかわからなかった。
 そして手に入れたのがこれ。

  

 当初、Amazonではハードカーバーの書籍として紹介されていた。
 しかし、届いてびっくり。
 箱がやたら軽く、開けてみると、薄ぺらな茶色い和紙?のようなカバーが入っている。
 
 aas.jpg

 「えっ、書籍じゃない」。
 当時は6000円くらいで、今よりも安かったが返却を考えた。
 しかし彼の作品はどちらかと言うと映像作品の方が本来の作品と聞いていたので、返却する前に目を通した(そんなことしたら返却できないかもしれないのに)。
 見終わったときには、返却するなどという気持ちは吹き飛んでいた。
 一応、Amazonにはしっかりクレームをいれておきました。
   #間違いでした、すみません...という返事が来た。
 写真集もいつか買うと思うが、このDVDだけでも満足です。
 彼の作品はWebでも見ることができます。
 見れば、同じよう心が動かされると思う(多分)。
 
 こちら → Gregory Colbert

 そして、
 この作品が野生の動物で撮られたもので、やらせではないという事実にさらに驚嘆を憶えるのではないだろうか?

 Webmaster

 追記
 いくら良い作品だからって、2万円overの値札は無いだろう...
 こういうの、嫌いなんだなあ。
 推薦ではなく買っては行けませんにする。
 まんまと業者に乗せられるだけ。
 Web見て楽しんでください。

 8/14、amazon入荷で正規の値段で売られています。
 常に入荷されて、この値札で売って欲しい。
  #それでも高めなんだからさ
 2万円の値札をつけているところに、無駄と悟らせて欲しいものだ。

 

Do you know Twitter? 2009年08月08日

 ちょいとしたブーム?
 Twitterをはじめました。
 オバマ大統領が呟いていたとか、モントーヤが書いていたとか...良くわからないままはじめました。で、一言で言うなら...「緩い感じのインタラクティブなコミュニケーションツール」かな?えっ、わからない?説明を聞くより、まずはやってみよう!
 
 と言うわけで、Twitterはこちら。
 http://twitter.com
 BlogのサイドにもTwitterでのつぶやきが出るようにしてます。

 まずはじめるのはWebブラウザから。
 慣れるとアプリを使う方が効率よくできるかな。
 今のところ私は、『Tweeite』がMacらしいデザインなので使っています。
 並行して使っているのが『Seesmic』。こちらもいい感じです。
 もしかしてアプリで一般に使われているのは『Deck』かもしれませんが、一応インストールしたものの私はお蔵入りしてます。
 それから登録して私(Webmaster)を捜すなら、webgpeで検索、フォローしてください。

 さて全日本ロードのレーサーはまだ誰も参加してないみたいですね。
 もし参加したら、フォローさせて(&して)ください。
 基本的に(相互)フォローはさせて頂きます。
  #えっ、お前なんかフォローしたくないって(w)
 ちなみにF1レーサーは結構参加しているようです。
  #当然、こちらはフォローするも、相手はフォローはしてくれない...です。
 気軽なコミュニケーションツールで、blogより手軽です。

 Webmaster

 
GrandPrixEyes
Webmaster運営のモータースポーツフォトギャラリーサイトです。
レースフォトグラファー体験講座案内もあります。
webgpe.gif
プロフィール

Author:Joppa and Webgpe.comWebmaster
--------------------------
Joppaこと鈴木雅雄は、日本レース写真家協会 前会長(第4代会長として18年間JRPAの会長職を担う)。しかしながらその実態は...釣り好きで面倒見の良い『焼酎好きなおっさん』。


そしてブログを管理しているWebgpe.comのWebmasterこと原田祐司は、Joppa師匠の弟子。
ロードレースプレスカメラマンでMac好きな『おにいさん(°°)☆\(--メ)バキッ!
...もとい、おっさん』です。

2人とも鈴鹿サーキットレースフォトグラファー体験講座講師でもあります。

里親募集
楽天トラベル
楽天市場
ページアクセスランキング
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
タグ

全日本ロードレース 鈴鹿サーキットレースフォトグラファー体験講座 8時間耐久ロードレース SGT ポッカGTサマースペシャル スローシャッター dog パノラマ 野田弘樹  年賀状 JRPA写真展 フォーミュラニッポン 伊藤真一 鈴鹿300kmロードレース 夕日 鈴鹿2&4レース Express ミニチュアダックス 女性ポートレイト キャンギャル オートポリス 秋吉耕佑 2011MFJ-GP スーパーフォーミュラ 月(moon) シルクロード ラグビー 加藤大治郎 エアーズロック 逆光 ケニー・ロバーツ モノクロ 白とび 玉田誠 神戸製鋼 中山翔太 鈴鹿サーキット 阿部典史 8耐テスト ピクチャースタイル 斜光線 セロー  露出 増田耕二 トレーニング C3fit E-PL2 イーハトーブトライアル大会 富沢祥也 EOS-1DMark4 CW-X 散歩 シューズ  浸透圧 c3fit EOS-1DMark3 LedZeppelin 原田哲也 マン島TT 25周年 TheColorsArePSed,OrNot? 多摩テック 別府湾 StairwayToHeaven 島田紳助 カワサキ ロッシ エディー・ルジャーン スポーツドリンク 和牛肉巻きおにぎり フォーカシングスクリーン 柳川明 本家和牛肉巻亭 安田毅史 工藤靖幸 テック21 平忠彦 LifeWithPhotographsタイトルリニューアル ポップ吉村  青木(宣) 自作魚焼き器 MagicTrackpad Apple グレアムクロスビー ウェスクーリー 津田一磨 色温度 スローシンクロ 子供 ジョナサンレイ オグリキャップ 有馬記念 マジックアワー マルチレンズフード 岡山ロードレース選手権 新年会 WiMAX ホイール   日中シンクロ BikeTrekking 目から鱗技 Mac F1GP アイルトン・セナ 城達也 J-GP3 タモ ブリーズライト トライアル JMM 森脇尚護 小西良輝 ピクセルマッピング EP-L2 女性ポートレート 金環日食 F1 ドット抜け E-PL2 祭り ウェブサイト作成 アートフィルター t1235  さんふらわ フレディー・スペンサー 亀谷長純 アンドリューミラー サウンドマン 岡山国際サーキット パドック 伊川 U3-X ワイン・ガードナー プロクセスT1R 206RC ライブ SOUNDMAN EV-neoプロトタイプ radiko.jp トランセンド400倍速CFカード16GB(TS16GCF400) FireWire800カードリーダー 大金佑輝 MFJ-GP 井筒仁康 新配色カード175b 任意保険 家族限定特約 レプソルホンダ ご近所の犬 ヤマメ 釣り 撮像素子掃除 斉藤祐也 太陽 散歩写真 ラジコン ブラックベリー セナ&MP4/6 

ブログ内検索
リンク
最近のコメント
著作権について
掲載の写真は撮影者本人に帰属します。許可なく無断で使用は不可となっています。ご利用希望者はメールにてご連絡頂きましたら使用条件を提示します。提示に対して契約が成立の上で使用を許可致します。ご理解のほど宜しくお願い致します。 webmaster@webgpe.com
RSSフィード
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。