モータースポーツフォトグラファーの楽しみ三昧な写真人生を綴る。

スポンサーサイト --年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイヤ交換 2010年03月30日

 PROXES_T1R.jpg

 プジョー206RCのタイヤの寿命がそろそろ来る。
 特殊(?)なサイズとロードインデックスなので(205 40 R17 W84)あまり選択肢がないのが困りモノと言える。
 今は、ダンロップのSportsMAXX(以下、SP_MAXX)を、それ以前は同じダンロップのSP9000をはいたこともある。
 ダンロップの上級タイヤの印象はかなりよい。

 標準装備のピレリータイヤ(のなんだったかは忘れた)は、
 サイドが異常に柔らかく、駐車場入口の段差を超える時やコーナーをちょっと速い速度で抜ける時に腰砕けする。
 ダンロップのしっかり感覚とは真逆の特性で、安心してドライブできなかった。

 今回も、同じSP_MAXXにしようかと思った。
 しかし、2月でモデルチェンジするし、サイドのしっかり感が導入当時は好ましかったが、
 今となってはもう少し柔らかく、タイヤがサスの役割を担って欲しいという気持ちが出てきた。

 そこで選んだのが...『TOYO プロクセスT1R
 (TOYO!と言われるかもしれないが)
 トレッドデザインは、連続的なV字を刻んだ『Neo Vシェイプパターン』...
 このデザインにまず魅かれた。
 センターグルーブが無いので、排水性に不安を感じるが、実際には問題なさそうな印象である。
 ネットで購入前に印象を調べたが、
 SP_MAXXよりコンフォートに振られているようだ。
 というわけで、記憶をたぐって簡単にSP_MAXXとプロクセスT1Rとを比較してみる。

 1)乗り心地
   プロクセスT1Rのサイドは柔らかく、SP_MAXXより乗り心地がよい。
   但し、フラット感はSP_MAXXの方が感じる。

 2)ハンドリング
   SP_MAXXの方がリニアに反応する。
   トラクションの効きもSP_MAXXの方が手応えを感じてグイッと押出される感覚がある。
   プロクセスT1Rの場合は、スルーっとコーナーを抜けていく。
   グリップ力と踏ん張りを感じるSP_MAXXの方が好ましい印象。
   またプロクセスT1Rの初期応答性が悪いとネットでは言われているが、
   確かに、若干遅れて向きを変える感覚がある。
   早めにハンドルを緩やかに切って、フロントに荷重をかければ遅れは気にならないレベルになる。
 
 3)直進安定性
   SP_MAXXは、サイズがサイズだけに、わだちでハンドルが結構取られた。
   状況によっては直進安定性が思ったように保たれない時もあった。
   が、プロクセスT1Rは、あまりハンドルを取られることもなく、(直進安定性は)優れている。

 4)その他
   道路の表面の荒れた感じが、そのまま伝わる印象を感じたが、
   助手席の人間にはあまり感じないようだ。
   私の感覚がちょいと敏感過ぎて神経質になっているのか...
   耐久性がいかほどなのかがわからないが...

 5)総評
   値段から考えたら(15,000円/本 工賃別)十分すぎる性能と言える。
   ネットで最安値で買ったが、買って良かったと思う。工賃入れても十分に安かった。
   ただ、SP_MAXXのフラット感と粘るようなグリップが懐かしいのも確か。
   かなり減っていたが、このへんの性能はさほど落ちていなかったのは見事だった。

   Webmaster

スポンサーサイト

SuperGT Round1 2010年03月29日

 gallery2010-01.jpg

 SGT Round1をギャラリーに掲載しました。
 あんまし気合いはいっていない...というか、終始借りた機材のチェックに終わっているかな?

 写真をクリックして、ギャラリーへ。
 ギャラリーIndexの左上サムネールをクリックしてご覧ください。

 Webmaster

CMのワンシーンを思い出して 2010年03月27日

 
 (クリックすると大きくなります)

 GTで撮影した写真をなにげなく見ていた。
 その写真は、80年代、BSのCMで流れていたシーンを思い出すようなブレ具合だった。
 確か、BGMでTIME(アランパーソンズプロジェクト)が流れていたかな...
 普通ならボツだが、心に引っ掛かりBlog掲載。
 最近、この手の写真に目が行く。

 Webmaster

SuperGT Round1 2010年03月23日

 3月21日、鈴鹿サーキットにてGTの第1戦が開催されました。
 この日、レースフォトグラファー講座が開催され、その講師としてサーキットへ向かいました。
 今回は、自前の機材(カメラ)は使わず、EOS1DMk4とEOS7Dをキヤノンから借りてます。

 Mk4は、良くも悪くも予想通りの出来。
 本来はこのカメラがMk3になるべき機材だったと感じます。
 測距点は45点に戻り、AFも私のMk2Nに比べてスムーズに追従しますが、
 実売40万円~50万円のカメラとして当たり前という感覚ですね。
 良いカメラだとは思いますが、
 さて、これを手に入れるか...となると「?」です。
 というのも、次ので、望むカメラになるかもしれないという期待があるからです。
 (本来のMk3と私は思っていますから...)
 ただMk2Nも、そろそろ耐用年数的にギリギリのところでもあるので、
 今年シーズン終盤では手に入れざる得ない状況になるかもしれません...
 
 神戸に戻ってから、ディスプレイで画像を見ると、
 思った以上にマシンの質感がいい感じで表現されていて、
 画質に関して私好みと言えるます。
 手に入れても損じゃないけど、もう少し安くしてくれ!!w

 gt10_03_01.jpg

 gt10_03_02.jpg
 
 (クリックすると大きくなります。EOS 1D Mark4で撮影)


 一方、7D。
 これは、良い意味で期待を裏切ってくれました。
 実売12万円のカメラとしては掛け値なしで十分なAFですよ。
 既に50Dの時から、かなりいい感じではありましたが、それにいっそう磨きがかかっています。
 画質は単純に問題ないレベルだと思っていますが、
 質感表現は、Mk4の方が好みです。
 
 7DはCPが非常に高いと感じます。
 むしろ、サブカメラとして、
 また現実的な使用を想定した場合、Mk4より欲しい気持ちが強いです。

 gt10_03_05.jpg

 gt10_03_03.jpg

 gt10_03_04.jpg

 (クリックすると大きくなります。EOS 7Dで撮影)

 Webmaster
 
 

 

岡山ロードレース第1戦 ウエストエリアJ-GP3の闘い 2010年03月15日

 3月14日、岡山国際サーキット岡山ロードレース選手権が開催された。
 新カテゴリJ-GP3で優勝した中山翔太選手の速さは光っていた。

 nkgw02.jpg

 ok_p1.jpg

 
 昨年全日本で活躍した藤井謙太選手も参戦していた今回のレース、走りは冴えていた。
 多分ポールだろうと。
 しかし確認すると若干13歳の中山選手がポールを奪取。
 早めにアクセルを開け加速体制に入り、安定してコーナーを抜けて行く彼の走り。
 このクラス最速コーナーリングスピードであった。
 そして独走でチェッカー。
 
 その素顔は、まさに少年であった。
 「速かった。他のライダーよりアクセルを早く開けていたね。素晴らしい走りだったよ」
 と声をかけると
 「ありがとうございます!」
 と素直に喜びを表していた。傍にいたお母さんも、いっしょに喜んで私に礼を。

 nkgw01.jpg

 nkgw03.jpg

 表彰台の撮影が終えた後、彼と目が合う。
 「飲んでください」
 と勝利の美酒をさし出してくれた。
 
 間抜けなことに、アルコールが入っていると思って
 「いや仕事中だから」
 と断ったのだが、後からノンアルコールと言うことを知り、申し訳ないことをしたと後悔した。
 考えてみれば未成年がいるんだからアルコールが入っているわけないだろうに...(笑)

 一方、後塵を拝した藤井選手、
 2位とは言え、負けたことによほど悔しかったのか終始笑顔はなかった。
 だが、それで良い。悔しさを前面に出した彼の表情に未来が見える。
 昨年、彼の走りを撮影をしたが、速さは疑いようもない。
 今回は、単に1つのレースに負けただけ。
 始まったばかり。
 藤井選手、中山選手のようなライダーが、お互い切磋琢磨すれば強くなる。
 二人ともまだ「無限」とも言える「のびしろ」を持っているはずである。
 彼らが闘うべき同年代の速いライダーは多く存在する。
 そのライバルたちとの闘いを勝ち抜いて欲しいと切に望む。
 ロードレースの未来にけして明るさを感じない中、
 彼らのような若手が育っていることにちょっと嬉しさを感じた。

 Webmaster



 

散歩道(みち)点景 2010年03月12日

 近所に用事ついででカメラを持ちだして撮影。

 igawa.jpg

 hikokigumo.jpg

 2tree.jpg

 (クリックすると大きくなります。)

 Webmaster

2枚の写真から1枚に...その2 2010年03月10日

 では、処理方法の続き。

■レイヤーマスクを削除

 photomerge02.jpg

 左側が画像で、右側がレイヤーマスクです。
 マスクの黒い部分はマスクして画像を隠している部分です。
 この場合、マスクは上の画像を隠して下の画像(背景)を表示させる機能ですから、
 下の画像のマスクは必要ありません。
 また今回の場合、下のマスクが残っていると、
 マスクされている部分の画像が後で使えません。
 そこで、このマスクは取り除きます(もしくは、白で塗りつぶす)。


 photomerge03.jpg

 今回は、削除しました。
 方法は、マスクを選択(クリックする)した後、コンテクストメニュー(右クリックででるメニュー)から削除を選んで取り除きます。


 ■不要なものを消す。

 残ったレイヤーマスク(dino_bf01.tif)を使います。
 レイヤーマスクをブラシで塗って不要な部分を消します。
 手順は、

 レイヤーマスクを選びます(クリックする)
 次にブラシを選びます。塗り色が黒になっていることを確認(下の赤丸)。

 tool01.jpg

 消したいところをブラシで塗ります(マウスボタンを押したまま擦る)。すると...

 dino_aft02.jpg
 (クリックすると大きくなります。)

 このような感じで、上の画像(dino_bf01.tif)がマスクされ消えて、下の画像(dino_bf02.tif)が見えてきます。
 後は適度にトリミングして出来上がりです。

 dino_aft.jpg
 (クリックすると大きくなります。)

 
 By Webmaster

2枚の写真から1枚に...その1 2010年03月07日

 今回は、撮影後の画像処理について。
 写真は、うちの愛犬DINOですが、一見普通。しかし、実は2枚の写真を合成して仕上げました。
 「この写真、背景に入らないものが写り込んでいる...もう一方には写り込んでいないけど被写体の表情がなあ...」
 今回は、そんなケースを想定しています。

 dino_aft.jpg

 この方法は『Photoshop elements(以下エレメンツ)』にも実装されている『Photomerge(以下フォトマージ)』を使います。
 安価なエレメンツに(使える状態で)実装されたことから今回紹介することにしました。

 ■フォトマージとレイヤーとレイヤーマスクを使って2枚の写真を合成する。
 
 フォトマージは以前、パノラマ写真作成の時に使いました。 #パノラマ写真のエントリ記事
 その名の通り「複数枚の写真をマージ(統合する)」する機能です。
 もう少し平たく言えば、「変形を加え、繋がりやすい部分をアプリが選んで、つなぎ合わせていく」機能となります。
 この機能が必要な理由は、次の写真で説明します。


GrandPrixEyes
Webmaster運営のモータースポーツフォトギャラリーサイトです。
レースフォトグラファー体験講座案内もあります。
webgpe.gif
プロフィール

Joppa and Webgpe.comWebmaster

Author:Joppa and Webgpe.comWebmaster
--------------------------
Joppaこと鈴木雅雄は、日本レース写真家協会 前会長(第4代会長として18年間JRPAの会長職を担う)。しかしながらその実態は...釣り好きで面倒見の良い『焼酎好きなおっさん』。


そしてブログを管理しているWebgpe.comのWebmasterこと原田祐司は、Joppa師匠の弟子。
ロードレースプレスカメラマンでMac好きな『おにいさん(°°)☆\(--メ)バキッ!
...もとい、おっさん』です。

2人とも鈴鹿サーキットレースフォトグラファー体験講座講師でもあります。

里親募集
楽天トラベル
楽天市場
ページアクセスランキング
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
タグ

全日本ロードレース 鈴鹿サーキットレースフォトグラファー体験講座 8時間耐久ロードレース SGT ポッカGTサマースペシャル スローシャッター dog パノラマ 野田弘樹  年賀状 JRPA写真展 フォーミュラニッポン 伊藤真一 鈴鹿300kmロードレース 夕日 鈴鹿2&4レース Express ミニチュアダックス 女性ポートレイト キャンギャル オートポリス 秋吉耕佑 2011MFJ-GP スーパーフォーミュラ 月(moon) シルクロード ラグビー 加藤大治郎 エアーズロック 逆光 ケニー・ロバーツ モノクロ 白とび 玉田誠 神戸製鋼 中山翔太 鈴鹿サーキット 阿部典史 8耐テスト ピクチャースタイル 斜光線 セロー  露出 増田耕二 トレーニング C3fit E-PL2 イーハトーブトライアル大会 富沢祥也 EOS-1DMark4 CW-X 散歩 シューズ  浸透圧 c3fit EOS-1DMark3 LedZeppelin 原田哲也 マン島TT 25周年 TheColorsArePSed,OrNot? 多摩テック 別府湾 StairwayToHeaven 島田紳助 カワサキ ロッシ エディー・ルジャーン スポーツドリンク 和牛肉巻きおにぎり フォーカシングスクリーン 柳川明 本家和牛肉巻亭 安田毅史 工藤靖幸 テック21 平忠彦 LifeWithPhotographsタイトルリニューアル ポップ吉村  青木(宣) 自作魚焼き器 MagicTrackpad Apple グレアムクロスビー ウェスクーリー 津田一磨 色温度 スローシンクロ 子供 ジョナサンレイ オグリキャップ 有馬記念 マジックアワー マルチレンズフード 岡山ロードレース選手権 新年会 WiMAX ホイール   日中シンクロ BikeTrekking 目から鱗技 Mac F1GP アイルトン・セナ 城達也 J-GP3 タモ ブリーズライト トライアル JMM 森脇尚護 小西良輝 ピクセルマッピング EP-L2 女性ポートレート 金環日食 F1 ドット抜け E-PL2 祭り ウェブサイト作成 アートフィルター t1235  さんふらわ フレディー・スペンサー 亀谷長純 アンドリューミラー サウンドマン 岡山国際サーキット パドック 伊川 U3-X ワイン・ガードナー プロクセスT1R 206RC ライブ SOUNDMAN EV-neoプロトタイプ radiko.jp トランセンド400倍速CFカード16GB(TS16GCF400) FireWire800カードリーダー 大金佑輝 MFJ-GP 井筒仁康 新配色カード175b 任意保険 家族限定特約 レプソルホンダ ご近所の犬 ヤマメ 釣り 撮像素子掃除 斉藤祐也 太陽 散歩写真 ラジコン ブラックベリー セナ&MP4/6 

ブログ内検索
リンク
最近のコメント
著作権について
掲載の写真は撮影者本人に帰属します。許可なく無断で使用は不可となっています。ご利用希望者はメールにてご連絡頂きましたら使用条件を提示します。提示に対して契約が成立の上で使用を許可致します。ご理解のほど宜しくお願い致します。 webmaster@webgpe.com
RSSフィード
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。