モータースポーツフォトグラファーの楽しみ三昧な写真人生を綴る。

広色域ディスプレイに最適化してみる 2009年02月27日

 広色域のディスプレイで、カラーマッチング(CMS)が効いていない環境で見ると画像は意図してない見え方になる。

 ryouzaemonnさんから、Windows+IEの場合の見え方についてコメントを頂いた。
 「sRGB色域のディスプレイ=普通の普及タイプのディスプレイ」なら問題なしということで、私の方もWindowsノートパソコンで確認をした。(少し問題はあるが)思った以上に、まずまずだった。
 しかし、広色域ディスプレイで見ると、IEだと酷い。
 予想はしていたが、かなり酷い...というのはシミュレーションしたので、多分、このことだろうなあ...と予想はついています。
 そこで、突貫工事で広色域ディスプレイに対応した「ピクチャースタイル」を作成しました。
 Webの掟(w)に反するが、AdobeRGBに最適化した画像(ICCプロファイル添付)を作ってみた。そもそも広色域ディスプレイが割合安価で普及*しだしたことから、Webの掟(sRGBのプロファイル添付)もそろそろ見直しの時期が来ているのかもしれない。
 #あまり、AdobeRGBの必要性を感じないというのが現状の感想ですが。

 QY3M0439.jpg

 QY3M0588.jpg

 QY3M0299.jpg

 IMG_0006.jpg

 (クリックしたら大きくなります。)


 AdobeRGBプロファイルを添付しました。
 sRGB色域の一般的ディスプレイ+Windows+IEでは、色が薄い感じで見えます。
 まいった...の画像の方が、上のシステムの組み合わせだと奇麗に見えると思います。

 *広色域ディスプレイの人は、乱暴な言い方になるが、Windows+IE(というかCMS未対応のブラウザ)で見るのは危険と言える。CMS未対応ということは出力機器(ディスプレイ)の色特性に全て依存することになるので、個々の環境で見え方が異なり、色の再現に保証はなくなる。

 #いあや、まあ、その、CMSが効いていても保証が完全に有るわけじゃないけど、
 #最低限の調整は行われるので...
 #とりあえず、追記を含めて今後成行をメモとして書いておきたいと思います。


 Webmaster


 サンプル写真数枚での比較になりますが、sRGBとの明確な違いは、シアン~グリーンにかけての色の表現(色域の広さ)が違うというところです。また、思った以上に(調整されたsRGBとの)違いは、パッと見には感じないです。
 迷ったのですが、前回同様、敢えてICCプロファイルはAdobeRGBを添付しているので(sRGBに変換していない)
 通常のsRGB対応のディスプレイ+CMS未対応システム(Windows+IE)では色が浅く見えます。
 広色域ディスプレイ+CMS未対応システムを持っている方は、逆に色がAdobeRGBに近く見えます。
 OSX上で見ている方は、グリーンの部分を除いて、sRGBと違いはあまり感じないはずです。もしかして、Adobe...の方が、鮮やかにみえるかも。
 但し、それが、こちらの意図した色かどうかは、キャリブレーションをしていないと見えないと思います。
関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
GrandPrixEyes
Webmaster運営のモータースポーツフォトギャラリーサイトです。
レースフォトグラファー体験講座案内もあります。
webgpe.gif
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
最近のコメント
著作権について
掲載の写真は撮影者本人に帰属します。許可なく無断で使用は不可となっています。ご利用希望者はメールにてご連絡頂きましたら使用条件を提示します。提示に対して契約が成立の上で使用を許可致します。ご理解のほど宜しくお願い致します。 webmaster@webgpe.com
ミニチュアダックス時計

by Animal Web Clock
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数: