モータースポーツフォトグラファーの楽しみ三昧な写真人生を綴る。

スポンサーサイト --年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

露出計 2009年04月13日

 デジタルになって使わなくなったものが露出計。
 1カット撮影してヒストグラムで確認。補正を入れてもう一度撮影。それでおしまいである。
 この十年、サーキットはおろか、それ以外の撮影でも、とんと持っていくことが無い。
 カメラの内蔵露出計で十分。必要性を感じない。(サーキットでカメラの内蔵露出計を使う場合は、ガードレールの白、または人の肌を測光して露出を決めればOK。)
 
 フィルム、特にポジの場合、必ず撮影前に測っていた。
 複雑な光線を読むわけではなく、この光なら概ねこれくらい...というデータはあるので、それが狂ってないか確認のためだ。
 それを引っ張りだして、自分の露出勘が狂っていないか確認のため、たまには持ち出そうかな~、なんて考えている。

 IMG_0486.jpg
 (クリックすると大きくなります。)

 ピーカン、1/500、F8(ISO100、プロビアベース)が、モータスポーツでの私の基準露出。デジタルになってからは、白とびの具合を考えてF9~F10になるように補正している。この露出はハイライト基準での露出値。シャドーが潰れてコントラストが強く見える場合もあるが、ハードなイメージの表現にはこれくらいがよいと思う。もっとシャドー部を出したいなら、これより絞りを1段の範囲内で開くことになるが、その場合はハイライトの具合を考える必要がでてくる。
 まあ、持って行っても果たして使うか。。。?

 ぶつけたり、落としたり。一度は壊れた。
 今度壊れたら、ミノルタは、ケンコーに版権を渡しているので修理は不可だろう。
 大事に、そして大胆に扱いたい。

 Webmaster
 
 「天井バウンズ」で撮影したが、質感や反射でパネルのコントラストがでなかったりと、思うようなイメージにならない。
 まあひさしぶりに表に出してきた露出計だから、同じように最近ホコリを被っている「傘」とか出してきて撮影した。
 ダイニングなので、さすがにカメラの三脚までセットするのは面倒くさくて。
 右側から窓の光が入って来るので、そこらにあった段ボールで遮光しました。
 紐のあたりの影がうるさいのが嫌なのですが、これ以上は時間かけられないので、ここまでということで。

 IMG_0490.jpg


 いつもレースフォトグラファー講座受講生の方に話すのですが、測らなくても露出がわかるように覚えてくださいとお話をしています。もしカメラの内蔵露出計が壊れたら、それに頼りきりだと困りますよと。基準になる露出データを覚えて、それを頭に入れておいてください、とお願いをしています。
 今ならメモをとらなくても、Exifデータでわかりますが、それでも改めてメモを取って、あとからデータと照合すると自然と頭に入ります。
 
関連記事
コメント
Re: 露出計
どうもです。

カメラの内蔵露出計って、最近はほんとうに優秀ですよね。
で、この間、外部露出計で、昔のように測って、考えた通りの値が出てホッとしたり、えっ?こんな値だったけ?と思うこともありました。
大はずしないものの、やはり忘れているようです。
たまには露出計で測って、勘が鈍っていないことを確認しないと、どんどん感覚が劣化していきます。。。困ったもんです。

2009/04/15(水) 00:28 | URL | Webmaster #kSi.wH62[ 編集]
Re: 露出計
こんばんは。

全く似たような(なんと露出計はミノルタの同製品)エントリを、
2006年10月8日に自分のブログに書いてました。

自分も、最近はカメラに頼りきりで、安易な道にどっぷりです。
それなりに、特定のシーンで、
データをとったり、研究をしてはるのですが、
肝心な基本がおろそかになっているかも・・・は、
激しく同感です。
2009/04/14(火) 23:38 | URL | NOBUNOBU #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
GrandPrixEyes
Webmaster運営のモータースポーツフォトギャラリーサイトです。
レースフォトグラファー体験講座案内もあります。
webgpe.gif
プロフィール

Joppa and Webgpe.comWebmaster

Author:Joppa and Webgpe.comWebmaster
--------------------------
Joppaこと鈴木雅雄は、日本レース写真家協会 前会長(第4代会長として18年間JRPAの会長職を担う)。しかしながらその実態は...釣り好きで面倒見の良い『焼酎好きなおっさん』。


そしてブログを管理しているWebgpe.comのWebmasterこと原田祐司は、Joppa師匠の弟子。
ロードレースプレスカメラマンでMac好きな『おにいさん(°°)☆\(--メ)バキッ!
...もとい、おっさん』です。

2人とも鈴鹿サーキットレースフォトグラファー体験講座講師でもあります。

里親募集
楽天トラベル
楽天市場
ページアクセスランキング
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
タグ

全日本ロードレース 鈴鹿サーキットレースフォトグラファー体験講座 8時間耐久ロードレース SGT ポッカGTサマースペシャル スローシャッター dog パノラマ 野田弘樹  年賀状 JRPA写真展 フォーミュラニッポン 伊藤真一 鈴鹿300kmロードレース 夕日 鈴鹿2&4レース Express ミニチュアダックス 女性ポートレイト キャンギャル オートポリス 秋吉耕佑 2011MFJ-GP スーパーフォーミュラ 月(moon) シルクロード ラグビー 加藤大治郎 エアーズロック 逆光 ケニー・ロバーツ モノクロ 白とび 玉田誠 神戸製鋼 中山翔太 鈴鹿サーキット 阿部典史 8耐テスト ピクチャースタイル 斜光線 セロー  露出 増田耕二 トレーニング C3fit E-PL2 イーハトーブトライアル大会 富沢祥也 EOS-1DMark4 CW-X 散歩 シューズ  浸透圧 c3fit EOS-1DMark3 LedZeppelin 原田哲也 マン島TT 25周年 TheColorsArePSed,OrNot? 多摩テック 別府湾 StairwayToHeaven 島田紳助 カワサキ ロッシ エディー・ルジャーン スポーツドリンク 和牛肉巻きおにぎり フォーカシングスクリーン 柳川明 本家和牛肉巻亭 安田毅史 工藤靖幸 テック21 平忠彦 LifeWithPhotographsタイトルリニューアル ポップ吉村  青木(宣) 自作魚焼き器 MagicTrackpad Apple グレアムクロスビー ウェスクーリー 津田一磨 色温度 スローシンクロ 子供 ジョナサンレイ オグリキャップ 有馬記念 マジックアワー マルチレンズフード 岡山ロードレース選手権 新年会 WiMAX ホイール   日中シンクロ BikeTrekking 目から鱗技 Mac F1GP アイルトン・セナ 城達也 J-GP3 タモ ブリーズライト トライアル JMM 森脇尚護 小西良輝 ピクセルマッピング EP-L2 女性ポートレート 金環日食 F1 ドット抜け E-PL2 祭り ウェブサイト作成 アートフィルター t1235  さんふらわ フレディー・スペンサー 亀谷長純 アンドリューミラー サウンドマン 岡山国際サーキット パドック 伊川 U3-X ワイン・ガードナー プロクセスT1R 206RC ライブ SOUNDMAN EV-neoプロトタイプ radiko.jp トランセンド400倍速CFカード16GB(TS16GCF400) FireWire800カードリーダー 大金佑輝 MFJ-GP 井筒仁康 新配色カード175b 任意保険 家族限定特約 レプソルホンダ ご近所の犬 ヤマメ 釣り 撮像素子掃除 斉藤祐也 太陽 散歩写真 ラジコン ブラックベリー セナ&MP4/6 

ブログ内検索
リンク
最近のコメント
著作権について
掲載の写真は撮影者本人に帰属します。許可なく無断で使用は不可となっています。ご利用希望者はメールにてご連絡頂きましたら使用条件を提示します。提示に対して契約が成立の上で使用を許可致します。ご理解のほど宜しくお願い致します。 webmaster@webgpe.com
RSSフィード
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。