モータースポーツフォトグラファーの楽しみ三昧な写真人生を綴る。

スポンサーサイト --年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サーキットで適正露出を得るには 2011年05月19日

 レース写真を撮影する際、露出はどうやって決めますか?
 シャッター速度優先でオート頼り?
 では、その場合の露出補正はどの程度入れますか?
 マニュアルで撮影する時の絞りはどのような方法で決めていますか?
 シャッター速度1/500なら絞りは?
 
 それにはサーキットに存在するあるものを使えば解決します。
 この写真はそのあるものを使って露出を決め、マニュアルで設定して撮影しました...

 2011_2and4_fn001.jpg

 (クリックすると大きくなります。)

 使ったものは「ガードレール」。
 ガードレールの白を測光して露出を決めました。
 方法は、

 1)露出モードをマニュアルにする。
 2)スポット測光にセットする。
 3)太陽が当っているガードレールの部分(=被写体と同じ条件のハイライト光)を測光する。
     ※その時の値が、1/500 F16 (ISO100)としましょう。
 4)その値から+1~+1.6で絞り値を設定します。
   この場合は、F16ですから...F11~F8となります。

 以上から導き出された露出、1/500 F11で写真は撮影してます。
 (ちなみに光線の状況は、逆光気味のトップライトです)

 もう一枚、絞りをF10で撮影したものがこれ。

 2011_2and4_fn002.jpg
 (クリックすると大きくなります。)
 1/3絞りの違いですが、雰囲気が変わります。


 さて上記の露出設定方法は、何をやっているのか、なぜそのようにするのか、理解できますか?
 少々こみいった話になりますが、露出を理解する上で大切なことを今から書きます。


 被写体と同じ光線条件に置かれた標準反射率のグレー(反射率18%)を測光し、
 その露出値で撮影すると、適正露出で撮影できるようにカメラは作られています。
 (光学的適正露出)
 この意味は、被写体を測光してそのまま撮影すれば、
 カメラは標準反射率のグレーと同濃度で写るように露出を設定するということです。
 白を計れば、白を18%グレーの濃度になるように暗く写します。
 一方で黒を計れば、同じく黒を18%グレーの濃度になるように明るく写します。
 リバーサル(スライド)フィルムで考えた時、
 ラチチュード(ダイナミックレンジ)は約5EVなので、標準反射率測光値からハイライト側2.5EVシャドー側-2.5EVの範囲まで記録できることになります。

 そこで。。。
 「白いものを測光することで標準反射率のモノが正しく写る(=適正露出で被写体を撮影する)」ようにセットすることが可能であることに気がつきませんか?
 白を測り白を撮影すると18%グレーの濃度に近づけるように暗い測光値をはじき出しますから、
 白が本来の白に写るようにするには、補正を+2.5絞りを入れてやれば良いことになります。

 実際には
「白飛びを避けたい(ハイライト優先)」
「シャープ感をだすためにアンダーぎみに撮影したい」
「デジタルのハイライト側はフィルムほどレンジに余裕がない」
...等の理由から、ここまで補正は入れません。
 このような理由から補正値としては、+1~+1.6程度が(経験上)適切と私は考えています。(被写体や撮影意図、またはカメラの特性で条件は変わります)。
 では、シャッター速度優先の場合はどうするか。
 もうお解りですね。
 基準となる露出値がわかるのですから、その露出値近辺になるように露出補正をかけてやればよいのです。
 
 また、あらかじめガードレールを測る時に、路面等どこにでもありそうなものを一緒に測ってデータを取っておき、ガードレールがない場所でも設定できるようにしておくと良いでしょう。
 スポット測光がないカメラの場合は、部分測光でもOKですし、ズーミング等でファインダーいっぱいに白い部分を入れて測光してください。
  
  
 今どきのカメラは、良くできているので露出もオートで、ほぼキレイに撮影できます。
 その分、シャッターチャンスに神経を注げます。
 しかし、そのオートも使いこなしによって差が出てきます。
 上記のように基準となる露出がわかれば、そこからどの程度補正していくか(絞るか)で自分の表現の幅が変わるはずです。
 常に光学的適正露出を選択する必要ないのです。
 暗いなら暗く写るように、「時には見た目以上に自分が暗く感じたなら、その感じた暗さを表現する」ようにアンダーに設定するのもありです。それによって写真を見た人は、撮影者の心情まで感じ取ってくれるかもしれません。
 
 By Webmaster
関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
GrandPrixEyes
Webmaster運営のモータースポーツフォトギャラリーサイトです。
レースフォトグラファー体験講座案内もあります。
webgpe.gif
プロフィール

Joppa and Webgpe.comWebmaster

Author:Joppa and Webgpe.comWebmaster
--------------------------
Joppaこと鈴木雅雄は、日本レース写真家協会 前会長(第4代会長として18年間JRPAの会長職を担う)。しかしながらその実態は...釣り好きで面倒見の良い『焼酎好きなおっさん』。


そしてブログを管理しているWebgpe.comのWebmasterこと原田祐司は、Joppa師匠の弟子。
ロードレースプレスカメラマンでMac好きな『おにいさん(°°)☆\(--メ)バキッ!
...もとい、おっさん』です。

2人とも鈴鹿サーキットレースフォトグラファー体験講座講師でもあります。

里親募集
楽天トラベル
楽天市場
ページアクセスランキング
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
タグ

全日本ロードレース 鈴鹿サーキットレースフォトグラファー体験講座 8時間耐久ロードレース SGT ポッカGTサマースペシャル スローシャッター dog パノラマ 野田弘樹  年賀状 JRPA写真展 フォーミュラニッポン 伊藤真一 鈴鹿300kmロードレース 夕日 鈴鹿2&4レース Express ミニチュアダックス 女性ポートレイト キャンギャル オートポリス 秋吉耕佑 2011MFJ-GP スーパーフォーミュラ 月(moon) シルクロード ラグビー 加藤大治郎 エアーズロック 逆光 ケニー・ロバーツ モノクロ 白とび 玉田誠 神戸製鋼 中山翔太 鈴鹿サーキット 阿部典史 8耐テスト ピクチャースタイル 斜光線 セロー  露出 増田耕二 トレーニング C3fit E-PL2 イーハトーブトライアル大会 富沢祥也 EOS-1DMark4 CW-X 散歩 シューズ  浸透圧 c3fit EOS-1DMark3 LedZeppelin 原田哲也 マン島TT 25周年 TheColorsArePSed,OrNot? 多摩テック 別府湾 StairwayToHeaven 島田紳助 カワサキ ロッシ エディー・ルジャーン スポーツドリンク 和牛肉巻きおにぎり フォーカシングスクリーン 柳川明 本家和牛肉巻亭 安田毅史 工藤靖幸 テック21 平忠彦 LifeWithPhotographsタイトルリニューアル ポップ吉村  青木(宣) 自作魚焼き器 MagicTrackpad Apple グレアムクロスビー ウェスクーリー 津田一磨 色温度 スローシンクロ 子供 ジョナサンレイ オグリキャップ 有馬記念 マジックアワー マルチレンズフード 岡山ロードレース選手権 新年会 WiMAX ホイール   日中シンクロ BikeTrekking 目から鱗技 Mac F1GP アイルトン・セナ 城達也 J-GP3 タモ ブリーズライト トライアル JMM 森脇尚護 小西良輝 ピクセルマッピング EP-L2 女性ポートレート 金環日食 F1 ドット抜け E-PL2 祭り ウェブサイト作成 アートフィルター t1235  さんふらわ フレディー・スペンサー 亀谷長純 アンドリューミラー サウンドマン 岡山国際サーキット パドック 伊川 U3-X ワイン・ガードナー プロクセスT1R 206RC ライブ SOUNDMAN EV-neoプロトタイプ radiko.jp トランセンド400倍速CFカード16GB(TS16GCF400) FireWire800カードリーダー 大金佑輝 MFJ-GP 井筒仁康 新配色カード175b 任意保険 家族限定特約 レプソルホンダ ご近所の犬 ヤマメ 釣り 撮像素子掃除 斉藤祐也 太陽 散歩写真 ラジコン ブラックベリー セナ&MP4/6 

ブログ内検索
リンク
最近のコメント
著作権について
掲載の写真は撮影者本人に帰属します。許可なく無断で使用は不可となっています。ご利用希望者はメールにてご連絡頂きましたら使用条件を提示します。提示に対して契約が成立の上で使用を許可致します。ご理解のほど宜しくお願い致します。 webmaster@webgpe.com
RSSフィード
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。