モータースポーツフォトグラファーの楽しみ三昧な写真人生を綴る。

2011 2&4レース Superbike Express 2011年05月21日

 今回、金~土曜の昼まではMFJ関連、土曜の夜~日曜までは鈴鹿のレースフォトグラファー講座を担当しました。
 『Superbike Express』の表紙は、いつもの縦位置でヘアピンのイン側で撮影です。

 mfjexp01.jpg
 (クリックすると大きくなります。)

 
 考えてみると、この縦位置撮影になってから鈴鹿では3回目ですが、全て秋吉選手。
  ※速いね~
 撮影場所も、逆バンク、デグナー立ち上がり、ヘアピンイン側とそろそろネタがつきるかな?


 今回は、撮影場所が狭いため、目の前5mくらいで他の人が撮影してました。
 そのまま撮影すればAFが前の人でアウトフォーカスになり、
 シャッターを切りたいポイントではフォーカスは戻ってきません。
 そこでAFボタンをONで追い続け、アウトフォーカスしそうなところで一旦AFをOFF、
 前の人影から出てくる時にもう一度ONして、撮影ポイントまでフォーカッシングを続けるようにしてます。
 もしくは人影から出てくるポイントにフォーカスしておいてそこからAFをONしても良いでしょう。
 目の前に邪魔なものがある場合でも、この方法を使えばAF撮影できます。

 今回のような撮影は特にテクニックを必要とするものではありませんが、
 割合目の前の近いところを走り、見かけのスピードが速いので、
 それに合わせてスムーズにレンズを振って、
 フォロースルーをしっかりする。
 それらを心掛けることが大切なポイントと言えます。


 mfjexp02.jpg
 (クリックすると大きくなります。)

 本来はフォロースルーの位置ですが、そこでシャッターを押して撮影した写真です。
 フォロースルーが出来ていれば、フォロースルーの位置でも引きつけて撮影できます。

 Superbike Express(pdfファイルがダウンロードされます)

 Webmaster
関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
GrandPrixEyes
Webmaster運営のモータースポーツフォトギャラリーサイトです。
レースフォトグラファー体験講座案内もあります。
webgpe.gif
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
最近のコメント
著作権について
掲載の写真は撮影者本人に帰属します。許可なく無断で使用は不可となっています。ご利用希望者はメールにてご連絡頂きましたら使用条件を提示します。提示に対して契約が成立の上で使用を許可致します。ご理解のほど宜しくお願い致します。 webmaster@webgpe.com
ミニチュアダックス時計

by Animal Web Clock
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数: