モータースポーツフォトグラファーの楽しみ三昧な写真人生を綴る。

E-PL2”CMOSドット抜け”(ピクセルマッピング) 2011年10月25日

 E-PL2にカスタムセッティングを施し
 試し撮りをしていたところ「CMOSドット抜け」らしいものを見つけました。

 dot01.jpg
 #クリックすると大きくなります。写真は等倍で1000×667にトリミングしてます。
 #汚い写真でごめんなさい。^^;これが一番わかるので...
 
 ありゃ、運が悪いなあ~(>__<)
 と思ってオリンパスカスタマーセンターにメールで連絡したところ...

 
 10月23日の日曜にメールで以下の回答を頂きました。
 (ここからメール抜粋)
 画像の特定の場所に白い点が表示されていて非常に気になるとのことで
 ご不審をおかけし申し訳ございません。
 画像処理機能の点検のため以下のピクセルマッピングの操作を
 行っていただき現象が改善されるかお試しください。(以下略)
 (ここまで)

 ご不審だなんて思ってませんよ。
 (様々な感じ方の人がいるから言い回しなど大変なんでしょうね。)
 しかし、このような機能があるなんて知らず、びっくりで早速実行しました。
 その結果...

 dot02.jpg
 #クリックすると大きくなります。
 #Photoshopで重ね、場所を確認後、画像の同じ場所に丸印を付けたものです。

 \(^O^)/
 ドット抜けが、
 ハード的に起こりうるのでソフト的に修正調整(再マッピング)をするようにできている
 のか。。。
 そのへんの技術は私にはわからないのですが素晴らしい!
 もしドット抜けが発生したならオリンパスユーザの方はまずはこの機能をお試しください。
 その上でダメなら、サービスへ。
  #参照URL Q: ピクセルマッピング機能について教えてください。


 手に馴染んできていたので
(グリップが僕の手の形に凹んでいる...ということはありえないのですが、そんな感覚)
 新品交換はしたくなかったのです。だから、ほっ、としてます。
 カメラは微妙な個体差があるので、新しいカメラが来た時その違いでしっくり来ないこともあります。
 その際たるは、EOS1D系のシャッターストローク。
 ストローク調整をして、浅くするだけでなく、フォーリングも調整してもらいます。
 今のカメラも結局4回調整に出して、やっと好みの状態に仕上げてもらいました。
 実際は、調整出来ないカメラでも自分がそのカメラに合わせることも出来るので
 まあ良いか~と思うことも多々あります。
 でも好みの状態にできるならそれにこしたことはないですからね...

 Webmaster
 
関連記事
コメント
No title
サービスそのものは、メーカーの違いと云うより、対応する人の質でしょうね。
今回のオリンパスの対応は、やや遅いように感じましたが、実際には1日程度の遅れで、十分な対応で気持ちよいものでした。
割合、サービスには当りが良い印象です<私
対応する人の印象が悪ければ、メーカーの教育が悪いと判断して、そこのメーカーの製品は使わないようにしていますw
2011/11/01(火) 01:30 | URL | Webmaster #kSi.wH62[ 編集]
No title
いいこと教わりました。ありがとうございます。
こういうサービスは、ニコンがいちばん優れていると常々思っていますが、ま、どこであれ、対応する人によるのでしょうね。
2011/11/01(火) 00:58 | URL | NK #NkOZRVVI[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
GrandPrixEyes
Webmaster運営のモータースポーツフォトギャラリーサイトです。
レースフォトグラファー体験講座案内もあります。
webgpe.gif
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
最近のコメント
著作権について
掲載の写真は撮影者本人に帰属します。許可なく無断で使用は不可となっています。ご利用希望者はメールにてご連絡頂きましたら使用条件を提示します。提示に対して契約が成立の上で使用を許可致します。ご理解のほど宜しくお願い致します。 webmaster@webgpe.com
ミニチュアダックス時計

by Animal Web Clock
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数: