モータースポーツフォトグラファーの楽しみ三昧な写真人生を綴る。

赤目の簡単な修正方法 2011年11月09日

 追記 
 Elementsでも調整レイヤーと調整レイヤーマスクが使えるのでこの方法使えるようです。

 ストロボを強く照射した人物写真は赤目になることがあります。
 最近コンデジ等には赤目防止機能がついてますが、
 我々が使う一眼レフ+ストロボの組み合わせではそんな機能はないので
 赤目が気になるのであれば、修正する必要があります。
 一番顕著なのは、暗い中で撮影する表彰式。
 ISO感度を上げて撮影しますが、それでも(私は)できるだけ感度を上げずに撮影したいところです。
 そうなるとストロボをほぼフル発光で使うことになり赤目が気になります。
 今回は赤目を「簡単に」修正する方法を紹介します。

 jsb2pd.jpg
 (クリックすると大きくなります。)

 この写真は、10月30日に開催されたMFJGPでの表彰台写真(赤目補正済)です。
 ISO400にストロボで撮影をしています。

 
 jsb2pdb.jpg
 (クリックすると大きくなります。)

 この写真は赤目補正前のものです。
 このサイズだと分かりにくいと思いますが、真中の秋吉選手と右の高橋選手の目が赤目になっています。

 では、補正の説明に入りましょう。

 その前に...赤目の2人を拡大...

 jsb2pdlrg1.jpg


 1)レイヤー → 新規調整レイヤー → 色相・彩度

 shikisosaido1.jpg

 彩度スライダーを動かして-100にします。
 その結果...

 shikisosaido2.jpg

 このようにモノクロ画像になります。
 jsb2pdlrg2bw.jpg

 2)色相/彩度レイヤーにマスクをします。

 shikisosaido3mb.jpg
 色相/彩度調整レイヤーに最初からマスクベースがあります。
 マスクをかける前は白のベースのままです。(上図)

 shikisosaido3.jpg

 マスクをかける(黒くする)には、
 (1)マスクベースをクリックします。
 (2)command+i(階調の反転)のショートカットキーでマスクをかけます(白から黒に反転させます)。
 その結果、モノクロから元のカラー画像に戻ります。
 (色相/彩度のモノクロ化レイヤーにマスクがかかりモノクロが適用されなくなります。)

 次にやることは...
 以前の「覆い焼き焼き込みをやってみよう」のエントリーを読まれた方は想像できるのでは?

 マスクについてはこちらで説明していますのでご覧ください。(覆い焼き焼き込みをやってみよう)

 3)赤目の部分のマスクを消しゴムでこすって(w)適用をはずす。

 上記画像の青丸の(消しゴム)ツールを選ぶ。
 次に右クリックで出てきたダイアログ内のマスター直径を1pxに設定します。

 jsb2pdlrg3r.jpg

 右の高橋選手の目の部分を拡大します。(1200%くらいに拡大しています)
 レイヤーの色相/彩度をクリックして選択する。
 眼の赤い部分(のマスク)を消しゴムツールで擦ります。

 jsb2pdlrg3.jpg

 擦った部分のみ、色相/彩度調整レイヤーの効果が適用されます(上図)。
 秋吉選手も同様にします。

 jsb2pd4.jpg

 赤目が見事になくなっています。
 しかしキャッチライトが動物のようにギラッとした感じで目立つのでこれも調整します。

 4)キャッチライトを調整

 色相/彩度調整レイヤーの明度でキャッチライトの明るさを調整します。
 ここでは-40までスライダーを動かして調整してます。

 shikisosaido4.jpg

 以上で調整終わりです。
 わからないことがあれば、コメントで質問を受け付けますので遠慮なくどうぞ。

 Webmaster

 
 
関連記事
コメント
No title
Mail、サンダーバードで送りましたので、今度はだいじょぶかと。。。
elemantsはレイヤーマスクが使えるならできます。どうかな?
2011/11/10(木) 19:00 | URL | Webmaster #kSi.wH62[ 編集]
なるほど
結構苦労してましたが、ELEMENTで出来るのであれば
試してみます。
メールいただきましたが、文字化けして読めません。
なぜだろう。
2011/11/10(木) 18:39 | URL | ぽこぺん #uyQCY7lw[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
GrandPrixEyes
Webmaster運営のモータースポーツフォトギャラリーサイトです。
レースフォトグラファー体験講座案内もあります。
webgpe.gif
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
最近のコメント
著作権について
掲載の写真は撮影者本人に帰属します。許可なく無断で使用は不可となっています。ご利用希望者はメールにてご連絡頂きましたら使用条件を提示します。提示に対して契約が成立の上で使用を許可致します。ご理解のほど宜しくお願い致します。 webmaster@webgpe.com
ミニチュアダックス時計

by Animal Web Clock
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数: