モータースポーツフォトグラファーの楽しみ三昧な写真人生を綴る。

鈴鹿サーキットピット&コントロールタワー 2008年10月02日

 第二弾。
 今度はコントロールタワーの方向に向けて撮った写真。
 
 垂直方向の修正を入れ、さらに水平方向の傾きも修正している。
 この時は、結構いい加減に撮影していて、水平方向の傾きに注意するのを忘れていた。本来なら、最低限のこととして注意するのだが...
 キヤノンの場合、いわゆるアオリレンズ(TS-Eレンズ)を使うことで後処理なしの撮影が可能。デジタルになってから、TS-Eレンズなしでも、このように後処理でできる。でも、アオリレンズの価値がなくなるわけではない。いろいろ使い道がある。

 pitctrtlb.jpg
(クリックすると大きくなります)

 これが撮影した元画像。きちんと水平は出すべきだった...
 pitctrtlb_b.jpg
(クリックすると大きくなります)

 やり方は、2通りある。

1)PhotoshopCS2以降についている、フィルタ→変形→レンズ補正を使う。自然な仕上がりになる。大抵は、こちらでOK。
2)グリッドを表示して、自由変形を使ってグリッドに沿うように修正していく。ただし、うまくやらないと、建築物の水平垂直をだせても不自然に見える(プロレタッチャーの修正ですら不自然に見えることがあるのだから...)。

 レンズ補正は、ディストーションやフリンジ、周辺光量落ちの修正も出来る。
 DPPなら現像の段階で撮影したレンズの特性に合わせて上記の補正が可能となっている。フリンジの除去は微妙なところだが、後は、結構効果があるので、積極的に使うようにしている。

 それにしても何度も言うが、いい加減な撮影をしてしまった、この写真。反省。
関連記事
コメント
Re: 鈴鹿サーキットピット&コントロールタワー
いや~、私は、テクなしです。。。^^;
まずは、基本的なところからですね、はじめるのは。写真もレタッチも。
現像も面白いと思いますが、RAWで撮影しても、まずは後処理なし(いじらないで)で写真を撮るようにされるのが良いと思います。
2008/10/07(火) 00:57 | URL | Webmaster #kSi.wH62[ 編集]
Re: 鈴鹿サーキットピット&コントロールタワー
そうなんです! FZ8 から「RAW現像」にAdobe Photoshop Lightroomを使って、遊んでいました。FZ28 を買ったら・・・Lightroom 2 にして、遊んでみたいな・・・とか! ルーターを買ってしまったので、少し先になりますが購入予定です。Adobe Photoshop Elements 6 for Macintosh しか必要ないようですが「RAW現像」がおもしろい。しかも、デジイチほど重くないし、高倍率なので「ど素人」には、遊べるカメラと思っています。ぜひ、テクニックの伝授(指南)をお願いしたいところです。
2008/10/06(月) 23:27 | URL | toshi #-[ 編集]
Re: 鈴鹿サーキットピット&コントロールタワー
どうも、こんばんは。

FZ28、どんなカメラか知らないので、調べてみたのですが、なかなか面白そうなカメラですね。
値段も安いし。私も欲しくなりました。
最近、パナは頑張っていますね。コンデジも良さげだし。
父親がパナのコンデジを買ったのですが、キヤノンと迷ったそうで。買った理由は、操作がキヤノンより簡単、単純という理由でした。なるほど。。。と思いました。

2008/10/06(月) 21:58 | URL | Webmaster #kSi.wH62[ 編集]
Re: 鈴鹿サーキットピット&コントロールタワー
なるほど・・・ ですね! 勉強になります。 v-212

写真には、興味があります。今、FZ28 を買おうか?悩んでいます。FZ8 から買い換えです。いろいろとやってみたいけど・・・ 
2008/10/06(月) 20:40 | URL | toshi #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
GrandPrixEyes
Webmaster運営のモータースポーツフォトギャラリーサイトです。
レースフォトグラファー体験講座案内もあります。
webgpe.gif
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
最近のコメント
著作権について
掲載の写真は撮影者本人に帰属します。許可なく無断で使用は不可となっています。ご利用希望者はメールにてご連絡頂きましたら使用条件を提示します。提示に対して契約が成立の上で使用を許可致します。ご理解のほど宜しくお願い致します。 webmaster@webgpe.com
ミニチュアダックス時計

by Animal Web Clock
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数: