モータースポーツフォトグラファーの楽しみ三昧な写真人生を綴る。

最近の身の回りのことなど... 2009年01月15日

 『あけおめ』挨拶の後に更新をしていないので、そろそろ。
 と、言ってもたいした話題はないので、日常の話題を。

 1、ibookのHDDがお亡くなりになった。

   一昨年、現役引退。家庭用となった『ibook』のHDDが故障。
   今更1万円超の金額をかけるのはなあ。。。しかし、家族が使っているのでそのままにするわけにもいかず。
   ibookはバラしが面倒なので自力でHDD交換はしたくない。
   (おまけにバックアップもとってない!これは勘弁してもらった。)
   ちーん!名案。
   ほとんど稼動していないIEEE400HDDが一機ある。。。
   Macの場合、IEEEのHDDであれば起動ディスクにできる。
   デスクトップと同じ使い方をしているので、持ち運びは考えなくてOK。
   かくてOSをインストールして何事も無く
  (速度の低下もほとんどなしで)使えるようになった。
   この後、Carbon Copy Clonerを使ってMacBookProに接続しているIEEE800HDDに
   ブート可能なバックアップシステムをすぐに作成したのは言うまでもない。
   もちろんデータのバックアップは毎日していますが。。。
   これで起動ディスクが死んでもバックアップから普通に起動して緊急回避的に作業できる。
   転ばぬ先の杖。

 2、カラーマネージメント(CMS)対応ブラウザにしよう!

   Macを使う理由の一つにOSレベルでCMSに対応していることにある。
  (WindowsもVistaから対応しているのかな?)
   Webで写真を見るときでも、ICCプロファイルを画像に添付していれば、
   キャリブレーションした環境で作成された写真は、
   キャリブレーションされた環境下にあるCMS対応のブラウザで概ね同じように見えるはずである。
   CMS対応ブラウザの最右翼はsafari。(Winで使う場合でも対応)
   人気(?)のFirefoxは...と言うとデフォルトでは対応していない。
   でも、ある設定をすれば対応するのである。
   方法は。。。

   1)URL欄にabout:configと入力する。
   2)gfx.color_management.enabled の変数値をtrueにする。(クリックするだけ)
   3)一度Ffを終了して、再度立ち上げる。

   対応していないブラウザで見ると青空の色相など気持ち悪い...。
   せめてsRGBプロファイルを添付した画像をCMSの効いた環境で見た場合、
   撮影者の思ったように見てもらえるようにしたいところである。
   所詮、Webは各人環境が違うのでいろいろやっても仕方ない、
   と思うかもしれないが、ある程度の環境であれば、ある程度の水準で見ることは可能である。

  3、テレ東が熱い!

   ウチだけかもしれないが(うちだけなんだろうw)、最近テレ東を見ることが多い。
   特に月曜日。それと毎日23時。
   月曜は、『和風総本家』『やりすぎコージー』
   そして『カンブリア宮殿』と見応えがある。23時からは『WBS』。
   他の民放で見ているのは、久米氏の『テレビってやつは』。
   ちょっと中途半端な感じがして消化不良をおこすけど。
   あとはローカルの深夜テレビを少し見るくらい。
   考えてみれば、昔、父親が地方放送局で勤務していて、
   食わせてもらっていたんだから、感謝(?)しなくてはならんけど、
   必要性を今の民放にはあまり感じないなあ。
   そう言えば、民放で一つ評価できることが最近あったなあ。

   『年次改革要望書』というのがある。
   まるで内政干渉の如くアメリカから日本政府へ毎年出されるものである。
   これ予言書か?というくらい、この通り日本がなっている。
   派遣法改正にしかり、
   郵政民営化にしかり(もっとも、これは小泉の念願でもあったのだが)。
   今までマスコミでは触れることがなかった。
   10月くらいだったかフジテレビの『サキヨミ』ではじめて扱われた。
   youtubeを検索すると見られる。
   こういうのがきっかけで、視聴者がネットで調べて内容を知れば、
   いろいろ考えるようになると思う。

  4、掲載する写真がないので...(現像ソフトの話も少し)

   うちの犬の近影。
   EOS 1DMk2N+E24-70mmF2.8+ストロボで撮影。
   全体にアンダー目に撮影して、アンダーにした分を戻してDPPで現像。

   QY3M0721b.jpg

   個人的には、DPPが一番好みの画像を吐き出す。
   無料のソフトなんだから拍手を送りたい。
   でもそろそろ刷新する必要も感じる。
   SILKYPIXもまあまあ良い。時々使う。
   今までの画質No.1はC1プロだと思うが、いろいろな要素を加味してDPP。
   フォトショのCameraRAWは、最初は使っていた。
   リリース直後に比べると今のは「まし」になったが『荒い』感じで肌に合わない。
   初期のCameraRAWは、処理を「はしょって」現像速度を上げていたから、
   各チャンネルを見ると酷かった。C1とはえらい違いだった。
   いろいろテストしてみたが、今はDPPに落ち着いている。
   DPPはパラメータが少ないというが、個人的には8割がたOKだと思う。
   あと欲しいのは、傾き補正、上部のツールバーのカスタム機能、
   処理速度向上のため作業用HDDの指定機能...等ができるようになると嬉しい。
   RGBツールはJPEG用と思わずに、旨く扱うことで結構いい感じに仕上がる。
   これ以上のことをするならTIFF16bit(or8bit)で
   フォトショに受け渡して処理する方がよいと思うが9割DPPで完結できる。
   EF24mm-70mmF2.8は、なかなか良いレンズだ。
   色収差もほとんどない。ディストーションも割合良く押さえられている。
   シャープだがカリカリと言うわけでなく、ほどほどな感じ。
   EF24mm-105mmF4ISも考えたが、画質を考えF2.8にした。
   撮影した写真の仕上がりを見るとこちらで正解だったと思う。
   まあ、単焦点にはかなわないと思うが。

   ついでに、MacでDPPを使う場合の注意。
   ファンクションを使ったショートカットキーが、そのままだと使えない。
   環境設定を開いて、キーボードのところの「F1、F2などのすべてのキーを標準...」に
   チェックを入れる。そうすれば使えるようになります。
   その他、いろいろノウハウはあるのだが、それはまたの機会にしよう。

   追記
   せっかくなので、というか、上のうちの犬の写真でとても気になる部分があるので、
   フォトショに持ち込んで処理をした。
   2カ所。
   スタジオで撮影したのではないし、
   膝に前足を乗せたところをスナップしたものなので背景の選択が今ひとつだが、
   それでもバックの影は気になる。
   こういうのは現像ソフトではなく、やはりPhotoshopでやる方が良いと思う。
   
   QY3M0721b2.jpg

Webmaster




関連記事
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
GrandPrixEyes
Webmaster運営のモータースポーツフォトギャラリーサイトです。
レースフォトグラファー体験講座案内もあります。
webgpe.gif
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
最近のコメント
著作権について
掲載の写真は撮影者本人に帰属します。許可なく無断で使用は不可となっています。ご利用希望者はメールにてご連絡頂きましたら使用条件を提示します。提示に対して契約が成立の上で使用を許可致します。ご理解のほど宜しくお願い致します。 webmaster@webgpe.com
ミニチュアダックス時計

by Animal Web Clock
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数: